【ヒヤシンスS】エピカリス着差以上の内容で4戦全勝

公開日: 更新日:

次はドバイかアメリカか

 フェブラリーSの2つ前、東京9RヒヤシンスSでも楽しみな逸材が誕生した。

 3歳のオープン特別を無傷のデビュー4連勝で制したのがエピカリス。昨年の勝ち馬ゴールドドリームは1年を経てGⅠ馬となり、同じ父ゴールドアリュールを持つこの馬も、未来は前途洋々といえよう。

 勝ち時計の千六1分37秒8は、例年と比べるとやや平凡だが、他馬より1キロ斤量が重い中でのもの。それも、直線は余力を残して3番手のインから抜け出している。さらに言えば、放牧先から2月1日に戻ってきたばかり。海外遠征が控えているとあって、馬体も成長分を加味しても18キロ増とお釣りを残した仕上げ。それらを考えると数字以上に強かったといえる。

「直線はいい反応を見せてくれた。②着馬が止まってくれなかった分、パスするのに時間はかかったけど内容としては完璧だったと思う」とルメールも手放しの喜びよう。

 さて、次は登録のある3月25日、ドバイのUAEダービーか。それとも5月6日、アメリカのケンタッキーダービーか。はたまた、海外サーキットで“両方”に出走か。

 ちなみに鞍上は「ケンタッキーダービー? スピードのある馬ですからね。それはアメリカ競馬では重要なこと。ステップバイステップで馬はまだこれから良くなると思う。先々が楽しみ」とコメントしている。

 次がどこにせよ、この馬の動向にも注目していきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る