【ヒヤシンスS】エピカリス着差以上の内容で4戦全勝

公開日:

次はドバイかアメリカか

 フェブラリーSの2つ前、東京9RヒヤシンスSでも楽しみな逸材が誕生した。

 3歳のオープン特別を無傷のデビュー4連勝で制したのがエピカリス。昨年の勝ち馬ゴールドドリームは1年を経てGⅠ馬となり、同じ父ゴールドアリュールを持つこの馬も、未来は前途洋々といえよう。

 勝ち時計の千六1分37秒8は、例年と比べるとやや平凡だが、他馬より1キロ斤量が重い中でのもの。それも、直線は余力を残して3番手のインから抜け出している。さらに言えば、放牧先から2月1日に戻ってきたばかり。海外遠征が控えているとあって、馬体も成長分を加味しても18キロ増とお釣りを残した仕上げ。それらを考えると数字以上に強かったといえる。

「直線はいい反応を見せてくれた。②着馬が止まってくれなかった分、パスするのに時間はかかったけど内容としては完璧だったと思う」とルメールも手放しの喜びよう。

 さて、次は登録のある3月25日、ドバイのUAEダービーか。それとも5月6日、アメリカのケンタッキーダービーか。はたまた、海外サーキットで“両方”に出走か。

 ちなみに鞍上は「ケンタッキーダービー? スピードのある馬ですからね。それはアメリカ競馬では重要なこと。ステップバイステップで馬はまだこれから良くなると思う。先々が楽しみ」とコメントしている。

 次がどこにせよ、この馬の動向にも注目していきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る