【フェブラリーS】外からねじ伏せたゴールドドリーム

公開日: 更新日:

天国へ旅立った父からスターが続々と誕生

 先週土曜に大動脈破裂のため、18歳で急逝してしまった名種牡馬ゴールドアリュール。日曜はその弔いの一日となった。

 注目のフェブラリーSを制したのはその産駒、ゴールドドリーム。暮れのGⅠチャンピオンズCでは2番人気の評価を集めていたものの、「集中してなくて出遅れてしまった」とM・デムーロ。チグハグな競馬で⑫着と結果を出せなかったが、今回のフェブラリーSは違った。

 スタートを決めて、前半はスムーズに流れに乗ってしっかり脚がたまった。だからこそ、直線はイメージ通りに伸びる。

 外から余裕十分に先団に取りつくと、ラスト1Fでは先頭へ。ゴール前は「物見をしてしまって」とデムーロが話したように、フワッとして内からベストウォーリアに並び掛けられたものの、再度、ねじ伏せるように伸びて首差競り勝ち。暮れの鬱憤を晴らしてみせた。

 これが明け4歳で自身にとっての初GⅠタイトル。新世代のダート王誕生ともいえるが、残す課題は場所が替わっても結果を出せることができるか、だろう。新馬、五百万は千八での勝利だったが、オープン昇格後の勝ち鞍はヒヤシンスS、ユニコーンS、そしてこのフェブラリーSと全て東京千六ダート。つまり、ワンターンの競馬だ。

課題は東京マイル〝以外〟のコース

 その一方、コーナー4つのコースではオープン入り後は、まだ勝っていない。「性格が悪い馬(笑い)」と話す通り、気性面での成長がさらにあれば、真のダートチャンピオンになる可能性も大きくなるだろう。

 また、デムーロもいよいよ“確変モード”に入ったか。年明けは成績が上がらない時期もあったが、3週前はGⅢ東京新聞杯を逃げ切り、その翌週はマカヒキを負かしたGⅡ京都記念を含めて6勝の固め打ち。そして先週はフェブラリーS勝ちなど5勝を挙げて、現時点21勝。リーディングトップに立った。

 昨年は京都記念VからフェブラリーS勝ちなどを含めて重賞騎乗機会5連勝、7連続連対があったデムーロ。勢いに乗ると手がつけられないイタリアンに、今週以降も要注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    格差容認、中韓嫌い 安倍4選を支持する強固な3割の正体

もっと見る