日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【フェブラリーS】レース後の談話

①着ゴールドドリーム(M・デムーロ騎手) 自信はありました。チャンピオンズCはテンションが高くて出遅れたし、向正面で引っ掛かって直線では全然伸びなかったけど、こんな馬じゃないと思ってたからね。きょうは先出しして落ち着いていたし、集中して走れていたよ。早めに動いても最後までしっかりした伸び。抜け出してから物見して危なかったけどね(苦笑い)。

②着ベストウォーリア(戸崎騎手) 直線はスムーズに加速できたし、ラストはかわりそうな感じもあったんですけど、ゴール前は同じ脚色になってしまいました。でも、いつも堅実に走ってくれています。大した馬です。

③着カフジテイク(津村騎手) 位置取りが後ろすぎたかな。もう1列前で運びたかったんですけど、それができなかったのは僕のミスです。ラストはよく伸びてくれたんですが。

④着エイシンバッケン(岩田騎手) 4コーナーで位置を上げて行った分、ラストは甘くなったね。道中はリラックスしていたし、マイルは問題なかったよ。

⑤着ニシケンモノノフ(庄野調教師) 展開ひとつでハナでも、と考えていたからね。他馬が外から来てもそんなにペースが上がらずに、いい流れで走れていたよ。ハナに行っていればもうちょい頑張れたかなって気もするけど掲示板に残ってる。よく頑張ってくれたと思うよ。

⑦着ノンコノユメ(ルメール騎手) 以前の瞬発力がなかったね。勝ち馬の後ろでベストポジションが取れたけど、追い出してからの反応が悪く、走りがワンペース。あそこで置かれてしまった。

⑧着サウンドトゥルー(柴田善騎手) やっぱりテンの芝の部分で行き脚がつかなかった。取りつくまでに脚を使ったのもあるのか、直線は切れ負けだったよ。③着馬と並んで一緒に伸びるかと思ったんだけど、そこで見劣ってしまったね。

⑫着モーニン(ムーア騎手) もまれると進んでいかなくなるタイプ。そういう展開にならないように出して行ったが、ペースが速くてきつくなったね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事