日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【中山記念】ネオリアリズム快調に5F68秒6

 暮れの香港遠征の後は放牧を挟んで1月27日に帰厩。けさはウッド単走で力強い動きを見せた。道中は首の高い走りだったが、直線で気合をつけるとグッと加速して5F68秒6、1F12秒9をマーク。折り合い面も我慢が利いていたし、体も太め感なく仕上がっている。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事