【中山記念】レース後の談話

公開日:

①着ネオリアリズム(M・デムーロ騎手) スタート、たまに出遅れる。内枠だから気にしていた。それに、ペースも遅くなると思っていたからゲートを出して行ったんだ。向正面? 内が開いていたからね。長くいい脚を使うの分かっていたし、早め早めに動いて行こうと。人間が絶好調?もっと勝ちたい。去年と同じで騎乗停止にならないように。それ、頭にあるからそれだけすごく怖いネ(笑い)。

②着サクラアンプルール(横山典騎手) 人気はなかったけど、オレはこれくらいは走れると思っていたよ。普通に流れに乗れたし、馬も上手に走ってくれたね。地方から出戻ってきた馬だもん、まだまだこれから良くなってくる。

③着ロゴタイプ(田辺騎手) 行ってもいいくらいの気持ち。スムーズに先行できました。最終追いでの反応がもうひとつだったんで、他馬のまくりに対応できるかどうかを心配してたけど、そのあたりもクリアできましたね。最後までよく頑張ってます。

④着アンビシャス(ルメール騎手) 直線はいい感じで伸びてくれましたが……。中山で流れが遅いと、後ろからではさすがに厳しいです。次はもっと流れてほしい。

⑤着ヴィブロス(内田騎手) 以前乗った時と比べると、心身ともにいい雰囲気になっていたね。きょうも着順ほどは負けていないし、次はもっと走れるはずだよ。

⑥着ツクバアズマオー(吉田豊騎手) 後半から一気に速くなっても、そこからもうひと伸びしてくるメンバー。よく頑張ってますが、最後は伸び負け。距離も二千以上ほしいですね。

⑧着リアルスティール(戸崎騎手) 3角過ぎから手応えが怪しくて、追ってからも反応が鈍かた。ハミを噛むところがなかったです。陣営からは“うるさい”と聞いていましたが、結構落ち着きがあって馬の気持ちにスイッチが入ってなかったのかも。このひとたたきでピリッとしてくると思いますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る