日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【阪急杯】レース後の談話

①着トーキングドラム(幸騎手) 道中はずっといい手応えで運べた。直線では1頭分の狭いスペースに自分から入り、こっちの期待にも応えてくれましたね。初めて乗った前走は仕掛けが早くなったけど、その経験をうまく生かすことができたと思います。

②着ヒルノデイバロー(古川騎手) シュウジの後ろの位置を取れて、道中も外を回されずにうまく運べた。最後も馬群を割ってきたんですけどね。千四でも差のない競馬ができたし、(他の騎手が控える形を)教えてくれたことが形になってきましたね。

③着ナガラオリオン(国分優騎手) 頑張ってくれました。展開がはまったことや力のいる馬場だったのも良かったけど、最後はいい伸び。一線級でもやれますね。ただ、千四はギリギリかな。

④着ブラヴィッシモ(武豊騎手) 道中は掛かり気味で、直線も前があかずにもったいないレースになってしまった。本当に残念。

⑤着メドウラーク(フォーリー騎手) 前半のペースが速くて位置が後ろになったけど、かえって脚をためることができた。外へ出してからはいい伸びで“ひょっとして”という感じ。ただ、この距離は少し忙しいね。

⑧着シュウジ(川田騎手) きょうはテンションがすごく高かった。レース前のイレ込みがキツくて、競馬も4角でいっぱい。距離というより精神的なものでしょう。

⑨着ロサギガンティア(四位騎手) ミルコ(M・デムーロ騎手)からゲートは出ないと聞いてたんで、出遅れは想定内。その後はそこそこの位置に付けられたし、これならと思ったけど……。4角では手応えがなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事