馬券になる昆厩舎

公開日:

土、日トライアルで伏兵が②着

 ②着には8番人気マイスタイルが逃げ粘り、馬単5480円の好配当をもたらした。

 管理する昆厩舎は土曜の桜花賞TRチューリップ賞も7番人気ミスパンテールで②着。断然人気だった勝ち馬ソウルスターリングとの組み合わせでも、馬単は4590円もついた。さらに、先々週の阪急杯でも4番人気ヒルノデイバローを②着に食い込ませており、重賞でたて続けに“いい仕事”をしている。

 過去にはディープスカイでの変則2冠やヒルノダムールの春天皇賞制覇など、実力は確かな昆厩舎。ただし、社台、ノーザンF系の高馬は入ってなく、乗るのも日本人ジョッキーばかり。一見して地味な印象を与えるだけに、重賞では人気になりづらく、馬券的には非常においしい。

 大レースでもローレルゲレイロのスプリントGⅠ2勝は3、6番人気だし、前記ヒルノの天皇賞も7番人気でのもの。一昨年以降の重賞で馬券に絡んだ7回の人気は9、7、6、7、4、7、8人気と全て4番人気以下だったから驚かされる。

 先週のトライアル②着で権利を取った2頭は、本番でもブランド力のある人気馬の陰に隠れるのは間違いない。

 春クラシックでも“地味にスゴイ!”昆厩舎から目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る