• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

馬券になる昆厩舎

土、日トライアルで伏兵が②着

 ②着には8番人気マイスタイルが逃げ粘り、馬単5480円の好配当をもたらした。

 管理する昆厩舎は土曜の桜花賞TRチューリップ賞も7番人気ミスパンテールで②着。断然人気だった勝ち馬ソウルスターリングとの組み合わせでも、馬単は4590円もついた。さらに、先々週の阪急杯でも4番人気ヒルノデイバローを②着に食い込ませており、重賞でたて続けに“いい仕事”をしている。

 過去にはディープスカイでの変則2冠やヒルノダムールの春天皇賞制覇など、実力は確かな昆厩舎。ただし、社台、ノーザンF系の高馬は入ってなく、乗るのも日本人ジョッキーばかり。一見して地味な印象を与えるだけに、重賞では人気になりづらく、馬券的には非常においしい。

 大レースでもローレルゲレイロのスプリントGⅠ2勝は3、6番人気だし、前記ヒルノの天皇賞も7番人気でのもの。一昨年以降の重賞で馬券に絡んだ7回の人気は9、7、6、7、4、7、8人気と全て4番人気以下だったから驚かされる。

 先週のトライアル②着で権利を取った2頭は、本番でもブランド力のある人気馬の陰に隠れるのは間違いない。

 春クラシックでも“地味にスゴイ!”昆厩舎から目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る