• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【大阪城S】またまたデムーロ

アストラエンブレムで日曜メーンV5

 阪神メーンの大阪城Sを勝ったのはアストラエンブレム。母は秋華賞馬ブラックエンブレムで兄ブライトエンブレムも札幌2歳S勝ち。そんな良血馬が本格化を思わせる内容だった。

 今回が初の千八だったが、しっかり折り合ってラスト3F32秒8。この走りができるなら、二千メートルに延びても問題ないくらいだ。

 その能力を存分に引き出したのが、ノリノリのイタリアン、M・デムーロ。弥生賞には騎乗馬がなく、阪神での騎乗となったものの、おいしいところを持っていくのはさすが。連続重賞Vこそ4週で途切れたが、5週連続での日曜メーン勝利になった。もちろん自身の最長記録。どこまで記録は伸びるか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る