【弥生賞】レース後の談話

公開日:

①着カデナ(福永騎手) スローペースだったので折り合いで苦労する面はあったんですが、何とか我慢してくれたので脚がたまりました。そのおかげで早めにスパートしたのに最後まで伸びてくれましたね。調教の感じでは使ってからかな、と思っていたんですが、動けました。本番はこういう大ざっぱな競馬では難しいので、今度は対応できるように一緒に頑張っていきます。

②着マイスタイル(昆調教師) もともとスタートが速いし、ハナに行くだろうなと。ノリちゃん(横山典騎手)も同じように思っていたみたいだよ。今後のことも考えていろいろ確かめて乗ってくれたよう。負けはしたけど、手応えは掴んでくれたみたいだし、まだまだ伸びしろがある。どんな競馬でもできる器用な馬。次も楽しみだよ。

③着ダンビュライト(ルメール騎手) ペースが遅かったですね。瞬発力のあるタイプじゃないんで、きょうの流れではつらかった。でも、ラストはこの馬なりによく伸びてくれました。レース前のテンションが高かったりで、まだ気性が若いです。これから良くなってくる馬ですよ。

④着ベストアプローチ
(戸崎騎手) スタートは出たんですが、どれが行くのか様子を見ているあいだにポジションを下げる形になりましたね。直線もいったん前が狭くなって、スムーズさを欠くところがありました。ラストで広いところに出してからはよく伸びたように、力はあります。

⑤着サトノマックス(シュタルケ騎手) きょうの結果以上に能力がある馬です。スローペースだった分、自分のリズムで走ることができず、スムーズに流れに乗れませんでした。まだキャリアも浅い。経験を積めばステップアップできますよ。

⑥着コマノインパルス
(田辺騎手) このペースだし、後ろからでは分が悪いと思い、道中でジワッと上がって行きました。ただ、勝ち馬にはぴったりついて来られたから。正直、もう少し踏ん張ってほしかったかな。力の差を感じました。

⑦着テーオーフォルテ
(城戸騎手) イメージ通りの位置取りで運べたし、この馬も最後まで止まってないんですよ。長くいい脚を使うタイプだけに、もう少しペースが流れてほしかったです。

⑧着グローブシアター
(川田騎手) 終始、進んで行かなかったです。出していってはいるんですが……。時間がかかるタイプなのかもしれませんね。

⑨着ダイワキャグニー
(北村宏騎手) 気合面は前走と同じくらいでした。現状では左右のバランスが良くないんで、その分、コーナーで加速しづらかったし、直線も伸び切れませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る