日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【大阪城S】レース後の談話

①着アストラエンブレム(M・デムーロ騎手) 京都金杯は馬場が悪くて相手も強かった。きょうは馬場も良かったし、このメンバーなら力が上だったね。ムキにならずに運べたし、最後もいい脚を使った。だいぶ賢くなって、これで力がつけばもっと良くなるよ。

②着トルークマクト(小牧騎手) あそこまできたら勝ちたかった。ゴール前は耳を絞っていっぱいいっぱいだったけど、それだけ一生懸命に走ってくれた証拠だから。

③着ガリバルディ(池添騎手) もう少し(ペースが)流れてほしかったけど、最後はいい脚。他馬より重い57キロを背負ってよく頑張ったし、力は見せてくれました。

④着アスカビレン(浜中騎手) ペースが遅くて道中は行きたがっていました。最後で伸び負けたのは久々の分ですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事