• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【フィリーズレビュー】レースレコードで3連勝カラクレナイ 無敗の女王にどこまで迫れる?

ロゴタイプを思わせる上昇度は魅力だが……

 阪神で行われた桜花賞トライアル、GⅡフィリーズレビューを制したのはM・デムーロ鞍上のカラクレナイだった。

 桜トライアル本流組といえばチューリップ賞。今年もその前哨戦を完勝して4戦4勝の女王ソウルスターリングが中心となるのは間違いない。

 対して、近年は本番へつながらない傾向があるのがこのフィリーズレビュー。00年以降の勝ち馬を見ても、本番を制したのは05年ラインクラフトしかいない。

 だが、そんな傾向を破ってしまうかも――。そう思わせるほど鮮やかに差し切ったのがこのカラクレナイ。前半は後方に待機し、直線では一完歩ごとに矢のような伸び。最後は早め先頭から押し切りを狙った1番人気レーヌミノルを余裕たっぷりの脚色で差し切ったのだから“強い”のひと言。

 記録面でも強調できるだろう。走破時計の千四1分21秒0は前身の4歳牝馬特別も含めてのレースレコード。ちなみに、これまでの最速が前記した05年ラインクラフトがマークした1分21秒2でもある。

 思えば同じローエングリンを父に持ち、皐月賞制覇を成し遂げたのはロゴタイプ。使い出してから上昇カーブを描き、3歳春にテッペンを取った血筋という魅力もある。実際、レース後の松下師も成長を口にしていた。

「パドックでも落ち着きがあって体に幅も出ていた。1F延びても克服できるでしょう」

 ただ、この鮮やかな勝利を演出したM・デムーロは本番で、クイーンC勝ちのアドマイヤミヤビが先約。使える脚が頭に入っている強い味方がいなくなり、新たな乗り役探しという宿題は残るものの、それを差し引いても間違いなく好素材。本番でどこまで2歳女王に迫れるのか。今年はフィリーズレビューからも楽しみな馬が出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る