【中山牝馬S】良血トーセンビクトリー 主役不在の牝馬路線に新星誕生

公開日:

5歳にブレークする母系

 古馬によるオンナの戦い、GⅢ中山牝馬Sは5番人気のトーセンビクトリーが勝利を飾った。

 前半5F62秒4の遅い展開を道中はラチ沿い3番手という絶好のポジション。直線入り口ではベテラン武豊がまさに“教科書通り”“お手本”ともいえるコーナリングから外側へスムーズに進路を確保し、残り300メートルから追い出して難なく抜け出した。

 鞍上の絶妙な手綱さばきが光ったレースではあったが、それでも見逃せないのは5歳を迎えて、馬が充実期に入ったのも重賞初勝利の要因のひとつだろう。

 というのも、母トゥザヴィクトリーは同じ5歳時にフェブラリーS③着→ドバイWC②着、そして秋のエリザベス女王杯で悲願のGⅠ馬に。その勢いで暮れの有馬記念でも③着と充実の1年だったからだ。

 また、兄トゥザグローリーも5歳で重賞2勝、姉トゥザレジェンドも3連勝を飾るなど、きょうだいで5歳時に現役だったのは2頭しかいないものの、ともに結果を残している。この血統は5歳時に勢いがついたら止まらない傾向があるのは間違いない。

 また、今後は昨年挑戦して⑰着だったヴィクトリアMが目標になる可能性が大だが、今の古馬牝馬路線が手薄なのも追い風になる。

 女王ストレイトガールが引退し、メジャーエンブレム、シンハライト、ジュエラーと4歳GⅠ馬も相次いでリタイアして繁殖入り。有力候補といえばクイーンズリング、ミッキークイーン、ヴィブロス、スマートレイアーあたりか。これならトーセンが新星として食い込んでも何らおかしくない。この先も軽視すると痛い目に遭うかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る