• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【フラワーC】レース後の談話

①着ファンディーナ(岩田騎手) 期待通りに成長してくれてますね。きょうは思っていた以上の走り。4角で先頭に立つ形? 他馬とは完歩の大きさが違っていたし、無理に押さえることなく行かせました。次に向けて期待の高まるレースをしてくれたと思います。

②着シーズララバイ(柴田善騎手) 返し馬でも冷静に走れていたし、雰囲気は良くなってたよ。レースも最後まで頑張ってくれた。あとは体。本当はもう少し大きくなってパンとすればいいけど、それには少し時間がかかるかな。

③着ドロウアカード(武豊騎手) ペースを落とし過ぎると後ろに一気に来られてしまうからね。(前半5F)61秒1は予定通り。いい感じで後半に入っていけたよ。きょうは勝ち馬が強過ぎたけど、かわされてからもバタッとは止まってない。距離はもう少し延びても大丈夫だと思う。

④着エバープリンセス(吉田豊騎手) ゲートは普通に出たけど、枠が枠(大外13番)なのであの位置からになったのは仕方ないです。道中はいいリズムで運べたし、直線もよく伸びてます。

⑤着ハナレイムーン(シュタルケ騎手) ペースが遅くてこの馬には向かなかったね。直線に入った時は手応え十分だったけど、そこからのスプリント勝負でついていけなくなった。まだこれから成長する馬だと思う。

⑥着ディーパワンサ(内田騎手) リラックスして運べたし、4角では“後ははじけるだけ”と思ってたんだよ。そこから食い下がれなかったのは、間隔があいてた分もあったかな。ここを使って良くなりそうだよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る