日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【マーチS】インカンテーション復活V

レース後の談話

①着インカンテーション(勝浦騎手) 先行勢が飛ばしてくれたんで、掛かることなくリズム良く運べましたね。直線は前が踏ん張っていたし、後ろからも伸びてくる馬がいたんで必死に追いましたよ。初めて乗ったんで比較はできませんが、もともと実績のある馬ですからね。きょうはうまく〓み合いました。

②着ディアデルレイ(木幡巧騎手) 結構ペースが流れていたんで、深追いせずに4番手から。うまく脚をためられたと思いますが、最後は苦しくなって右にササってしまいました。それでも、よく頑張ってましたよ。能力は重賞でも足りますね。

③着アルタイル(田中勝騎手) 惜しかったなあ。道中でしっかり我慢させたんで十分ためが利いたし、その分、直線はよく伸びてくれた。オープンでもやっていけるね。

④着ロンドンタウン(柴山騎手) いい感じで運べてたんですが、3~4角でズブさを出してしまいました。でも、そこから盛り返すように伸びてくれましたね。外を回る展開だったことを考えれば、よく頑張ってます。

⑤着アスカノロマン(木幡広騎手) 強気のレースをしてくれ、との指示。その通りに乗れたし、直線に入った時には押し切れるかと思ったんだけどな。ラストに甘くなったのはハンデ58キロの分かな。

⑫着コスモカナディアン(柴田大騎手) 速い馬場で速い流れだったんで、追走でいっぱいいっぱいでした。脚がたまらなかったです。良馬場の方がいいタイプですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事