• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【マーチS】インカンテーション復活V

レース後の談話

①着インカンテーション(勝浦騎手) 先行勢が飛ばしてくれたんで、掛かることなくリズム良く運べましたね。直線は前が踏ん張っていたし、後ろからも伸びてくる馬がいたんで必死に追いましたよ。初めて乗ったんで比較はできませんが、もともと実績のある馬ですからね。きょうはうまく〓み合いました。

②着ディアデルレイ(木幡巧騎手) 結構ペースが流れていたんで、深追いせずに4番手から。うまく脚をためられたと思いますが、最後は苦しくなって右にササってしまいました。それでも、よく頑張ってましたよ。能力は重賞でも足りますね。

③着アルタイル(田中勝騎手) 惜しかったなあ。道中でしっかり我慢させたんで十分ためが利いたし、その分、直線はよく伸びてくれた。オープンでもやっていけるね。

④着ロンドンタウン(柴山騎手) いい感じで運べてたんですが、3~4角でズブさを出してしまいました。でも、そこから盛り返すように伸びてくれましたね。外を回る展開だったことを考えれば、よく頑張ってます。

⑤着アスカノロマン(木幡広騎手) 強気のレースをしてくれ、との指示。その通りに乗れたし、直線に入った時には押し切れるかと思ったんだけどな。ラストに甘くなったのはハンデ58キロの分かな。

⑫着コスモカナディアン(柴田大騎手) 速い馬場で速い流れだったんで、追走でいっぱいいっぱいでした。脚がたまらなかったです。良馬場の方がいいタイプですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る