• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【マーチS】インカンテーション復活V

レース後の談話

①着インカンテーション(勝浦騎手) 先行勢が飛ばしてくれたんで、掛かることなくリズム良く運べましたね。直線は前が踏ん張っていたし、後ろからも伸びてくる馬がいたんで必死に追いましたよ。初めて乗ったんで比較はできませんが、もともと実績のある馬ですからね。きょうはうまく〓み合いました。

②着ディアデルレイ(木幡巧騎手) 結構ペースが流れていたんで、深追いせずに4番手から。うまく脚をためられたと思いますが、最後は苦しくなって右にササってしまいました。それでも、よく頑張ってましたよ。能力は重賞でも足りますね。

③着アルタイル(田中勝騎手) 惜しかったなあ。道中でしっかり我慢させたんで十分ためが利いたし、その分、直線はよく伸びてくれた。オープンでもやっていけるね。

④着ロンドンタウン(柴山騎手) いい感じで運べてたんですが、3~4角でズブさを出してしまいました。でも、そこから盛り返すように伸びてくれましたね。外を回る展開だったことを考えれば、よく頑張ってます。

⑤着アスカノロマン(木幡広騎手) 強気のレースをしてくれ、との指示。その通りに乗れたし、直線に入った時には押し切れるかと思ったんだけどな。ラストに甘くなったのはハンデ58キロの分かな。

⑫着コスモカナディアン(柴田大騎手) 速い馬場で速い流れだったんで、追走でいっぱいいっぱいでした。脚がたまらなかったです。良馬場の方がいいタイプですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る