鈴木伸厩舎 先々まで追い掛けろ

公開日:

4週連続馬券絡みで先週は650万馬券も演出

 美浦の鈴木伸厩舎が好調だ。先週終了時点で6勝を挙げて、4週連続で馬券絡み。先週の鈴鹿特別では14番人気のコスモラヴモアが③着して、3連単651万馬券の演出に加わった。

 残り5勝となったJRA通算300勝も、近いうちに達成されそう。というのも、ここまでの勝ち馬、好走馬には“次”を期待させるクチが揃っているからだ。

 代表的なのが先々週の山陽特別を勝ったアポロノシンザン。一千万の阪神芝千四で1分20秒5の好タイムをマークし、3馬身半差の圧勝を決めている。先々まで含めて、楽しみな一頭である。

 今週の出走予定馬にもそんな期待馬がズラリ。まず、山吹賞のウインイクシードは前走のゆりかもめ賞で鼻差②着と惜敗している。

「勝ったかなと思ったのに。惜しい競馬でした。それでも、レースぶりが安定してるし、確実に脚を使ってくれますから。このくらいの距離(二千二百メートル)も合っているので、もう決めたいですね」(伊藤助手)

 中山では他に土曜7R3歳五百万のアシャカダイキも魅力十分。前走の未勝利勝ちは千二への距離短縮で7馬身差のワンサイドだった。

「時計は優秀だし、まだ余裕もありました。昇級も壁にならないと思うので、楽しみです」

 さらに、阪神でも土曜10R仲春特別のコウセンは「ひとたたきした上積みはあるし、能力はここでも足りる」だけに、穴で注意が必要。

 今週も好調・鈴木伸厩舎から目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る