日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鈴木伸厩舎 先々まで追い掛けろ

4週連続馬券絡みで先週は650万馬券も演出

 美浦の鈴木伸厩舎が好調だ。先週終了時点で6勝を挙げて、4週連続で馬券絡み。先週の鈴鹿特別では14番人気のコスモラヴモアが③着して、3連単651万馬券の演出に加わった。

 残り5勝となったJRA通算300勝も、近いうちに達成されそう。というのも、ここまでの勝ち馬、好走馬には“次”を期待させるクチが揃っているからだ。

 代表的なのが先々週の山陽特別を勝ったアポロノシンザン。一千万の阪神芝千四で1分20秒5の好タイムをマークし、3馬身半差の圧勝を決めている。先々まで含めて、楽しみな一頭である。

 今週の出走予定馬にもそんな期待馬がズラリ。まず、山吹賞のウインイクシードは前走のゆりかもめ賞で鼻差②着と惜敗している。

「勝ったかなと思ったのに。惜しい競馬でした。それでも、レースぶりが安定してるし、確実に脚を使ってくれますから。このくらいの距離(二千二百メートル)も合っているので、もう決めたいですね」(伊藤助手)

 中山では他に土曜7R3歳五百万のアシャカダイキも魅力十分。前走の未勝利勝ちは千二への距離短縮で7馬身差のワンサイドだった。

「時計は優秀だし、まだ余裕もありました。昇級も壁にならないと思うので、楽しみです」

 さらに、阪神でも土曜10R仲春特別のコウセンは「ひとたたきした上積みはあるし、能力はここでも足りる」だけに、穴で注意が必要。

 今週も好調・鈴木伸厩舎から目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事