• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鈴木伸厩舎 先々まで追い掛けろ

4週連続馬券絡みで先週は650万馬券も演出

 美浦の鈴木伸厩舎が好調だ。先週終了時点で6勝を挙げて、4週連続で馬券絡み。先週の鈴鹿特別では14番人気のコスモラヴモアが③着して、3連単651万馬券の演出に加わった。

 残り5勝となったJRA通算300勝も、近いうちに達成されそう。というのも、ここまでの勝ち馬、好走馬には“次”を期待させるクチが揃っているからだ。

 代表的なのが先々週の山陽特別を勝ったアポロノシンザン。一千万の阪神芝千四で1分20秒5の好タイムをマークし、3馬身半差の圧勝を決めている。先々まで含めて、楽しみな一頭である。

 今週の出走予定馬にもそんな期待馬がズラリ。まず、山吹賞のウインイクシードは前走のゆりかもめ賞で鼻差②着と惜敗している。

「勝ったかなと思ったのに。惜しい競馬でした。それでも、レースぶりが安定してるし、確実に脚を使ってくれますから。このくらいの距離(二千二百メートル)も合っているので、もう決めたいですね」(伊藤助手)

 中山では他に土曜7R3歳五百万のアシャカダイキも魅力十分。前走の未勝利勝ちは千二への距離短縮で7馬身差のワンサイドだった。

「時計は優秀だし、まだ余裕もありました。昇級も壁にならないと思うので、楽しみです」

 さらに、阪神でも土曜10R仲春特別のコウセンは「ひとたたきした上積みはあるし、能力はここでも足りる」だけに、穴で注意が必要。

 今週も好調・鈴木伸厩舎から目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る