日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【大阪杯】レース後の談話

北島オーナー年内引退撤回

①着キタサンブラック(武豊騎手) これだけの馬。すごく責任を感じていました。展開はある程度は想定した通りでした。勝負どころで手応えも良かった。普通の馬なら仕掛けが早いところですが、“この馬なら大丈夫”だと思って動いていきました。充実しているし、さらに強くなってると思います。これからも楽しみ。出るレースは全て勝ちたいですね。

(北島三郎オーナー) きょうもキタサンブラックには感動と感激を味わわせてもらいました。この姿をファンの皆さんにもっと見てほしいし、応援もしてほしいとつくづく思いましたからね。今年いっぱいで引退の話はあったけど、それは撤回します。海外遠征に関しては武さんやファンの皆さんが望んでいれば考えますよ。

②着ステファノス(川田騎手) 厩舎サイドとも相談して、きょうはできるだけいい位置を取りにいった。状態も良かったし、思い通りの競馬で内容も良かった。ただ、さすがは年度代表馬。相手が強かった。
(藤原英調教師) 勝ちにいくには、どこかで勝負して狙っていくしかない。それが“ここ”だったんだけどな。仕上げ、レースの形も完璧。100点だったけど、結果が伴わなかった。

③着ヤマカツエース(池添騎手) 1頭が飛ばしているだけで、後ろは普通のペース。1角までにポジションを取っておきたかったんですが……。結果論ですが、もう1列前で競馬をしたかったですね。それでも最後は差を詰めてるし、よく頑張ってくれたと思います。

④着マカヒキ(ルメール騎手) 反応に時間がかかるので、内回りの大外枠は心配だった。レースでも後ろからになって難しかったけど、直線はよく頑張ってくれた。キタサンは強かったが、もし内枠なら②、③着はあったと思うよ。

⑤着アンビシャス(福永騎手) スタートは上手に出たけど、その後は進んでいかなかった。そこでいじるとハミを噛む心配があるし、リズムを重視して運んだ。直線もいい脚は使ってるけど、自分から動ける馬ではないし、最後は位置取りの差だろうね。

⑥着サトノクラウン(M
・デムーロ騎手) いい位置につけられたんだけど、ジリジリ伸びるタイプだからね。この馬には内回りコースは合わなかった。

⑦着ミッキーロケット
(和田騎手) ゲートは出た方だけど、体をよじって出てるからなあ。そこからスピードに乗っていけなかった。最後は脚を使ってるし、力は遜色ないんだけどね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事