• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

91年の「4強対決」シスタートウショウが抜け出した直後に…

鞍上は角田晃一(現調教師)だった(C)日刊ゲンダイ

 いよいよ2017年のクラシックが始まりますね。特に桜花賞は満開の桜とも相まって、実に美しく、そして、はかない。

 名勝負は数あれど、最もドキドキしたのは91年でしょうか。5戦5勝の快速娘イソノルーブルが1番人気も、重賞2勝のノーザンドライバーとスカ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事