【GⅠ桜花賞】③着止まりソウルスターリング

公開日:

鬼門なのかまた負けた単勝1倍台の関東馬

 二度あることは三度ある――。

 単勝1・4倍の圧倒的支持を集めた2歳女王ソウルスターリングは直線で伸びを欠き、まさかの③着敗退。一昨年⑨着のルージュバック(1・6倍)、昨年④着メジャーエンブレム(1・5倍)に続き、3年連続で関東馬が断然人気を裏切る結果となった。

 道中は勝ったレーヌミノルの直後だから、申し分のない位置取り。直線を向いて“あとは前をかわすだけ”のイージーな展開にも思えたが、もどかしいほど差が詰まらない。しかも、ゴール前ではリスグラシューにも差されてしまった。

「馬場ですかね。直線で反応が遅かったし、何度も手前を替えていた」

 そう肩を落としたのはルメール。阪神の芝は7R後に重→稍重まで回復したとはいえ、発表以上に力がいるコンディション。血統的には問題ないとも思えたが、そのへんがキャリアの浅い3歳牝馬ということだろう。

 また、ソウル自身の問題以外にも、今回は嫌な流れがあった。

 というのも、最近は平地GⅠで単勝100円台の断然人気がコロコロ負けているからだ。

 一昨年の宝塚記念⑮着ゴールドシップから、昨秋のスプリンターズS⑫着ビッグアーサーまで史上最長の6連敗。その記録を今回で「7」まで伸ばしてしまった。

 やはり、競馬は何があるか分からないということか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る