• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【GⅠ桜花賞】レース後の談話

①着レーヌミノル(池添騎手) 初めて乗った時に率直にいい馬だと感じ、チャンスをもらったと思いました。道中は後ろを気にせずに自分と馬との呼吸をしっかり取って、リズム良く運ぶことだけに専念を。先頭に立ってからは長かったけど、最後までよく頑張ってくれた。去年(②着シンハライト)は悔しい思いをしたけど、今年は頂いたチャンスを生かすことができました。

②着リスグラシュー(武豊騎手) この前よりきょうの方が断然に良かった。道中は意識してポジションを取りにいったけど、直線で①③着馬にスッと離されてしまった。エンジンの掛かりが遅いところがあるし、それを想定しながら乗っているんだけどね。最後は伸びていても、勝ち馬とはその差かな。

③着ソウルスターリング(ルメール騎手) 道中はリラックスして走れていましたが、直線で反応が遅かった。何回も手前を替えていて。馬場コンディションがこの馬に合わなかったかな。

(藤沢和調教師) お母さんは道悪が上手だったから、こんな軟らかい馬場は得意だと思ってたんだけどねえ。3~4角の手応えがいつもほどではなかったし、直線では手前を何回も替えていた。状態は良かったけど、結果的に馬場みたいだね。

④着カラクレナイ(田辺騎手) 千六なのでリラックスさせるように走らせました。最後は“②着はあるかな”と思いました。ま、外を回さず馬群に入れて走らせたのがよかったですね。外差しだけの馬じゃないところを見せてくれましたし。

⑤着アエロリット(横山典騎手) すぐそこまでは来てるし、馬は頑張ってる。いい競馬はできたと思うよ。でも、まだ乙女だからね。走ってくる馬には間違いないけど、変化が出てくるのはもう少し先かな。

⑪着ミスエルテ(川田騎手) テンションは許容範囲。競馬でも我慢はしてたけど、直線は伸びそうで伸びなかった。そこは馬場のせいでしょう。

⑫着アドマイヤミヤビ(M・デムーロ騎手) 全然、分からない。返し馬はきれいに走れていたのに、レースは全然ダメだった。ハミを1回も取ってくれなくて、進んで行かなかった。最後も伸びていないからね。すごくいい馬だし、この結果は悲しいね。

⑯着ミスパンテール(四位騎手) きょうは外枠で厳しい競馬を強いられたからね。3角で手応えがなくなってしまった。全く走ってないし、力負けというよりもキャリア不足だろうね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る