• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【GⅠ桜花賞】レース後の談話

①着レーヌミノル(池添騎手) 初めて乗った時に率直にいい馬だと感じ、チャンスをもらったと思いました。道中は後ろを気にせずに自分と馬との呼吸をしっかり取って、リズム良く運ぶことだけに専念を。先頭に立ってからは長かったけど、最後までよく頑張ってくれた。去年(②着シンハライト)は悔しい思いをしたけど、今年は頂いたチャンスを生かすことができました。

②着リスグラシュー(武豊騎手) この前よりきょうの方が断然に良かった。道中は意識してポジションを取りにいったけど、直線で①③着馬にスッと離されてしまった。エンジンの掛かりが遅いところがあるし、それを想定しながら乗っているんだけどね。最後は伸びていても、勝ち馬とはその差かな。

③着ソウルスターリング(ルメール騎手) 道中はリラックスして走れていましたが、直線で反応が遅かった。何回も手前を替えていて。馬場コンディションがこの馬に合わなかったかな。

(藤沢和調教師) お母さんは道悪が上手だったから、こんな軟らかい馬場は得意だと思ってたんだけどねえ。3~4角の手応えがいつもほどではなかったし、直線では手前を何回も替えていた。状態は良かったけど、結果的に馬場みたいだね。

④着カラクレナイ(田辺騎手) 千六なのでリラックスさせるように走らせました。最後は“②着はあるかな”と思いました。ま、外を回さず馬群に入れて走らせたのがよかったですね。外差しだけの馬じゃないところを見せてくれましたし。

⑤着アエロリット(横山典騎手) すぐそこまでは来てるし、馬は頑張ってる。いい競馬はできたと思うよ。でも、まだ乙女だからね。走ってくる馬には間違いないけど、変化が出てくるのはもう少し先かな。

⑪着ミスエルテ(川田騎手) テンションは許容範囲。競馬でも我慢はしてたけど、直線は伸びそうで伸びなかった。そこは馬場のせいでしょう。

⑫着アドマイヤミヤビ(M・デムーロ騎手) 全然、分からない。返し馬はきれいに走れていたのに、レースは全然ダメだった。ハミを1回も取ってくれなくて、進んで行かなかった。最後も伸びていないからね。すごくいい馬だし、この結果は悲しいね。

⑯着ミスパンテール(四位騎手) きょうは外枠で厳しい競馬を強いられたからね。3角で手応えがなくなってしまった。全く走ってないし、力負けというよりもキャリア不足だろうね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る