【皐月賞】真ん中にブラックホール!?

公開日:

 かつて桜花賞の阪神千六は外枠が非常に不利といわれていた。

 では、皐月賞はというと、かなり外でも優勝馬が出ている。86年ダイナコスモス、89年ドクタースパートは19番。現在の大外になる18番でも、91年トウカイテイオー、97年サニーブライアン、そして昨年のディーマジェスティが栄冠に輝いている。

 一方、内では1番が88年ヤエノムテキ(ただし、この年は東京で施行)、94年ナリタブライアン。2番は14年イスラボニータ、15年ドゥラメンテ。内、外の有利不利はあまりない。

 ところが……。

 なぜか、中ほどの8~11番が勝ち運から見放されている。過去30年の成績は次の通り。

   ①②③外 連対率
 8番 00425・000
 9番 03126・100
 10番 01029・033
 11番 02324・069

 02年は2走後にダービーを勝つタニノギムレットが11番で③着、ここ2年は8番サトノクラウンが⑥着、11番サトノダイヤモンドが③着。これらは1番人気だった。

 ちなみに、各馬番の最後の勝ち馬は、10番が84年シンボリルドルフ。11番は70年タニノムーティエ、8番は61年シンツバメ……。9番は過去76回で優勝馬が出ていない。

 意外や意外、真ん中に大きくあいたブラックホール。果たして、今年はどうなる!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る