• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【皐月賞】レース後の談話

①着アルアイン(松山騎手) 落ち着いていい雰囲気でした。スタートが決まったので道中は3番手から。途中で動いてくる馬がいたんですが、無理に突っ張らずに我慢しました。3~4コーナーで馬場の悪いところに脚を取られましたが、直線で内を突いた時はいい脚でしっかりと伸びてくれました。折り合いに問題はないし、距離が延びても大丈夫でしょう。次も一緒に頑張りたいです。

②着ペルシアンナイト(M・デムーロ騎手) 初めての二千は全く問題なかったね。ラストまでバテていないし、よく頑張ってくれたよ。それだけに1角、さらに3~4角でゴチャゴチャしたのが痛かったね。

③着ダンビュライト(武豊騎手) テン乗りでも自分が考えていた通りのレースができたよ。器用さはないけど、長くいい脚が続くタイプだと思っていたんで、それを生かせるようにうまく運べたね。速い時計にも対応できていた。いい競馬だったと思う。

④着クリンチャー(藤岡佑騎手) 外枠から思っていた通りのレースができました。4角先頭くらいの勢いで回ってこれましたよ。直線はかぶせられてからもこちらの思った以上に踏ん張ってくれました。

⑤着レイデオロ(ルメール騎手) ペースがそれなりに流れたんで、道中はリラックスして走れたね。直線もしっかり伸びてくれたよ。きょうは休み明け。デキはこれから良くなると思うし、次、直線の長い東京でチャンスがありそうだよ。

⑥着スワーヴリチャード(四位騎手) 課題のスタートを決めて中団からの運び。調教師と相談したプラン通りの競馬ができたよ。ただ、直線は伸びていたけど、右回りはどうしても右手前で走りたがるね。向正面で一度左手前に替えたけど、その後はずっと右手前だった。ま、きょうは共同通信杯以来だったのもあるし、馬自体はあの時よりも良くなっていた。次の東京でリベンジでしょ。

⑦着ファンディーナ(岩田騎手) 気疲れかな。イレ込んではいたけど、いつもと同じぐらいだったし、道中もいい感じで走れたんやけど。4コーナーで手応えが怪しくなって……。初めて牡馬の一線級が相手ってのもあったのかな。

⑧着ウインブライト(松岡騎手) 外枠もあって馬混みに潜り込むことができなかったね。あのポジションを取るのが精いっぱいだったよ。勝負どころで上げていこうとする時にはもう余裕がなかった。速い時計に対応できなかったよ。

⑨着カデナ(福永騎手)落ち着いてリラックスしていたのもあるかな。レースでは鈍いくらいに進んでいかなかったよ。きょうのような速い時計も初めての経験だった。内からロスなく運んで進んでいけたけど、直線に向いた時には手応えがなかった。この経験を次に生かしたいね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る