• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【フローラS】12番人気モズカッチャン大激走

橘の鬼穴◎馬単6万7650円ズバリ 他にもビッグ配当連発!

 鬼才・橘がまたまた場外ホームランをかっ飛ばした。

 フローラSでは12番人気、単勝3720円の伏兵モズカッチャンに◎。②着した10番人気ヤマカツグレースにも△をつけており、馬単6万7650円の大穴を的中させたのだ。

 橘記者は栗東・鮫島厩舎の3歳馬に勢いがあること、現在の状態の良さや立ち回りのうまさが生きる1枠1番を引き当てた運など、さまざまな要素から◎を献上。大穴記者の面目躍如といっていい。

 他にも先週は別掲の通り、ビッグな配当をズバズバ。鬼才の印に乗った方はゴールデンウイーク資金がたっぷりとできたのではないだろうか。

 今週から再び春のGⅠシリーズに突入する。この先も鬼才・橘の“孤高の◎”に乞うご期待いただきたい。

 さて、モズカッチャンは道中、内でじっと脚をため、残り400メートル手前から和田が仕掛けるとグイグイと脚を伸ばし、ゴール直前で先に抜け出したヤマカツグレースをきっちりとらえてみせた。

ホウオウパフューム⑧着でオークスはますます難解に


 一方、単勝2・1倍の1番人気に推されたホウオウパフュームは自慢の末脚を発揮することなく⑧着。2戦目から二千メートルを使って、3戦目は牡馬相手に寒竹賞に勝利。関東屈指のオークス向きといわれた馬が敗れたことで、オークス路線はさらに混沌としてきた。

 一応、中心は桜花賞の上位馬。特に③着に負けたとはいえ、ソウルスターリングは人気になるだろう。ただ、母スタセリタは芝二千四百メートルのGⅠヴェルメイユ賞の勝ち馬でも、父フランケルの経験は二千メートルまでだ。

 距離が延びればなおいい②着馬リスグラシューは次も怖いし、桜花賞で見せた強さから、レーヌミノルだって短距離馬と侮ることはできない。

 また、⑫着に負けたが2番人気だったアドマイヤミヤビの巻き返しも十分にあり得る。

 一方、フローラSで①②着した2頭は長距離向きのハービンジャー産駒で、本番がスタミナ勝負になれば……。大荒れになったフローラSの結果から、オークスはさらに難しくなったといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る