【フローラS】レース後の談話

公開日:

①着モズカッチャン(和田騎手) ゲートに不安があるんですが、きょうは出てくれたので理想的な位置を取れました。走ると思っていたので、自信を持って乗りました。瞬発力があるのも分かっていましたしね。最後もうまくさばけたし、並んでからもうひと伸び。距離が延びても大丈夫なので本番でも楽しみです。

②着ヤマカツグレース(池添兼調教師) 一生懸命走るところがあるけど、きょうはうまいこと乗ってくれたんじゃないか。権利を取ったし、(横山典騎手が)本番も乗ってくれることになったよ。

③着フローレスマジック(戸崎騎手) きょうは前に壁をつくれず、しかも遅い展開。それでもリラックスしていたし、いいリズムで走れていました。直線もしっかり反応してましたよ。この内容なら距離延長は問題ないですね。

④着タガノアスワド(国分恭騎手) テンに出した分、強くハミを噛んでしまいましたね。その分、踏ん張り切れなかったです。多少ペースは速くなっても気分良く行かせた方がよかったかも。

⑤着レッドコルディス(北村宏騎手) 本当はもう少し前で競馬したかったけど、枠順(16番)もあって、あの位置に。まだ体が柔らかくてしっかりしてない分、坂を上がるところで手前を替えてモタれてましたが、そんな中でも気持ちを切らさずに、よく押し上げてくれました。

⑧着ホウオウパフューム(田辺騎手) 直線で包まれたことが敗因というわけではないですよ。ただ、きょうは楽に勝てた前2戦のようにはいかなかったですね。これまでにないほど、馬にプレッシャーをかけてびっしり追ったんですが……。これから力をつけてくれば、と思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る