【フローラS】レース後の談話

公開日:

①着モズカッチャン(和田騎手) ゲートに不安があるんですが、きょうは出てくれたので理想的な位置を取れました。走ると思っていたので、自信を持って乗りました。瞬発力があるのも分かっていましたしね。最後もうまくさばけたし、並んでからもうひと伸び。距離が延びても大丈夫なので本番でも楽しみです。

②着ヤマカツグレース(池添兼調教師) 一生懸命走るところがあるけど、きょうはうまいこと乗ってくれたんじゃないか。権利を取ったし、(横山典騎手が)本番も乗ってくれることになったよ。

③着フローレスマジック(戸崎騎手) きょうは前に壁をつくれず、しかも遅い展開。それでもリラックスしていたし、いいリズムで走れていました。直線もしっかり反応してましたよ。この内容なら距離延長は問題ないですね。

④着タガノアスワド(国分恭騎手) テンに出した分、強くハミを噛んでしまいましたね。その分、踏ん張り切れなかったです。多少ペースは速くなっても気分良く行かせた方がよかったかも。

⑤着レッドコルディス(北村宏騎手) 本当はもう少し前で競馬したかったけど、枠順(16番)もあって、あの位置に。まだ体が柔らかくてしっかりしてない分、坂を上がるところで手前を替えてモタれてましたが、そんな中でも気持ちを切らさずに、よく押し上げてくれました。

⑧着ホウオウパフューム(田辺騎手) 直線で包まれたことが敗因というわけではないですよ。ただ、きょうは楽に勝てた前2戦のようにはいかなかったですね。これまでにないほど、馬にプレッシャーをかけてびっしり追ったんですが……。これから力をつけてくれば、と思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る