• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【フローラS】レース後の談話

①着モズカッチャン(和田騎手) ゲートに不安があるんですが、きょうは出てくれたので理想的な位置を取れました。走ると思っていたので、自信を持って乗りました。瞬発力があるのも分かっていましたしね。最後もうまくさばけたし、並んでからもうひと伸び。距離が延びても大丈夫なので本番でも楽しみです。

②着ヤマカツグレース(池添兼調教師) 一生懸命走るところがあるけど、きょうはうまいこと乗ってくれたんじゃないか。権利を取ったし、(横山典騎手が)本番も乗ってくれることになったよ。

③着フローレスマジック(戸崎騎手) きょうは前に壁をつくれず、しかも遅い展開。それでもリラックスしていたし、いいリズムで走れていました。直線もしっかり反応してましたよ。この内容なら距離延長は問題ないですね。

④着タガノアスワド(国分恭騎手) テンに出した分、強くハミを噛んでしまいましたね。その分、踏ん張り切れなかったです。多少ペースは速くなっても気分良く行かせた方がよかったかも。

⑤着レッドコルディス(北村宏騎手) 本当はもう少し前で競馬したかったけど、枠順(16番)もあって、あの位置に。まだ体が柔らかくてしっかりしてない分、坂を上がるところで手前を替えてモタれてましたが、そんな中でも気持ちを切らさずに、よく押し上げてくれました。

⑧着ホウオウパフューム(田辺騎手) 直線で包まれたことが敗因というわけではないですよ。ただ、きょうは楽に勝てた前2戦のようにはいかなかったですね。これまでにないほど、馬にプレッシャーをかけてびっしり追ったんですが……。これから力をつけてくれば、と思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る