【マイラーズC】レース後の談話

公開日:

①着イスラボニータ(ルメール騎手) ついに勝てたね。重賞では②着ばかりで、是が非でも勝ちたかった。流れに乗って、直線の反応もとても良かったです。馬場も良かったので、内からの方がいいと思い、残り300メートルくらいまで内を通ってきました。馬の間をいい反応で入ってくれて最後まで頑張ってくれました。力のある馬。安田記念は楽しみです。

②着エアスピネル(武豊騎手) 具合は良かったんだけどね。もう少し伸びてくれてもよかったかな。ここ2戦よりいいレースはしているし、次につながるんじゃないかな。

(笹田調教師) 内、外の差だろうね。新馬戦以来、メンコを外してみたけど、クリアしてくれた。落ち着いていたし、折り合いもついた。悲観する内容じゃなかったね。

③着ヤングマンパワー(松岡騎手) もう1列後ろでもよかったけど、スローだったので2番手から。まだもう一段階、上がありそうな感じだったので、本番も楽しみです。

④着ブラックスピネル(M・デムーロ騎手) この馬には馬場が合わなかったね。前が止まらなかった。でも、この馬も最後は勝ち馬と同じだけ伸びています。

⑤着サンライズメジャー(松若騎手) スタートも良かったし、道中も楽に行かせてもらえました。最後もよく辛抱してくれています。年齢の割に若さもあるし、まだ頑張れますね。

⑥着フィエロ(福永騎手) 怖かったぁ。クチがロックされている感じで、左にモタれてた。2番手の馬の後ろに入ろうとして競馬にならなかったから参考外。何もできなかった。

⑧着ダッシングブレイズ(浜中騎手) ペースが遅くなるのは分かっていたし、意識していたんですが一完歩目が半馬身出なくて。上がりの競馬で、メンバーも強かったですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る