• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【マイラーズC】レース後の談話

①着イスラボニータ(ルメール騎手) ついに勝てたね。重賞では②着ばかりで、是が非でも勝ちたかった。流れに乗って、直線の反応もとても良かったです。馬場も良かったので、内からの方がいいと思い、残り300メートルくらいまで内を通ってきました。馬の間をいい反応で入ってくれて最後まで頑張ってくれました。力のある馬。安田記念は楽しみです。

②着エアスピネル(武豊騎手) 具合は良かったんだけどね。もう少し伸びてくれてもよかったかな。ここ2戦よりいいレースはしているし、次につながるんじゃないかな。

(笹田調教師) 内、外の差だろうね。新馬戦以来、メンコを外してみたけど、クリアしてくれた。落ち着いていたし、折り合いもついた。悲観する内容じゃなかったね。

③着ヤングマンパワー(松岡騎手) もう1列後ろでもよかったけど、スローだったので2番手から。まだもう一段階、上がありそうな感じだったので、本番も楽しみです。

④着ブラックスピネル(M・デムーロ騎手) この馬には馬場が合わなかったね。前が止まらなかった。でも、この馬も最後は勝ち馬と同じだけ伸びています。

⑤着サンライズメジャー(松若騎手) スタートも良かったし、道中も楽に行かせてもらえました。最後もよく辛抱してくれています。年齢の割に若さもあるし、まだ頑張れますね。

⑥着フィエロ(福永騎手) 怖かったぁ。クチがロックされている感じで、左にモタれてた。2番手の馬の後ろに入ろうとして競馬にならなかったから参考外。何もできなかった。

⑧着ダッシングブレイズ(浜中騎手) ペースが遅くなるのは分かっていたし、意識していたんですが一完歩目が半馬身出なくて。上がりの競馬で、メンバーも強かったですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る