【天皇賞】ディープのレコードを塗り替えたキタサンブラックどこまで強くなる!?

公開日:

無尽蔵のスタミナはシャンティイでこそ

 勝ち時計は3分12秒5――。

 キタサンブラックのGⅠ5勝目はディープインパクトのレコードを更新する圧巻の強さだった。

 キタサンは予想通りに大逃げを打ったヤマカツライデンの2番手。道中はハナを切っているのと同じ形で進み、三分三厘から自然と進出。4角を待たずに先頭に立ってレースをつくっていた。

 もちろんライバルも黙っていなかった。キタサンに呼応して直線に入った時点で2番手はシュヴァルグラン。そして3番手の外にはサトノダイヤモンドが迫っていたが、そこからがキタサンの強み、真骨頂だ。

 類いまれな心肺機能があるからこそ、ライバル勢に並ぶ場面さえつくらせずにそのまま押し切り勝ち。ただただ“強い”の一言だ。

 サトノとの現役最強馬対決を制しただけに、今年は世界相手にも期待したくなる。そう、秋の大舞台、凱旋門賞だ。

「秋のプランを考えなきゃと(北島オーナーが)おっしゃってくれた。楽しみにして下さい」

 レース後、そう話した武豊。オーナーも「かわいい息子を遠い空の向こうに送り出すのは心苦しいけど、武豊さんが乗ってくれて、みなさんが応援してくれるのなら」。すでに凱旋門賞に登録をしていることは、陣営がアナウンス済みである。

 さらに「全馬にとってタフ。この馬しか耐えられないレースだった」と武豊が話したように、近代日本競馬の名馬には珍しい無尽蔵とも思えるスタミナは、シャンティイの舞台でなおさら生きてくるイメージが持てる。

 しかも今年から凱旋門賞は3歳馬の斤量が増えて古馬のチャンスが広がるから、条件にも恵まれた――。

 あとはローテーションがポイントか。宝塚記念を勝てば「春古馬3冠」の該当馬となり、ボーナスは2億円。ただし、武豊が「さすがに最後は苦しくていっぱいいっぱいだった」と話した通り、猛レコード駆けの反動も気になる上に、6月25日宝塚記念は夏にさしかかる時期だ。もし、勝ってもGⅠ3戦の疲労が、秋に尾を引くことも考えられる。2億円のボーナスを思い切って“捨てて”本気で世界を目指してほしい。そう思えるほど、きのうのキタサンブラックは強かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る