• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【天皇賞】消耗戦でガス欠サトノダイヤモンド③着

シュヴァルグランも差せず

「相手が2つも3つも、4つも5つも上でした」

 こう語ったのはレース後の池江師。戦前は“2強”と言われ、単勝2・5倍の2番人気に支持されたサトノダイヤモンドは③着まで。師は“完敗”を認めた。

 枠順はキタサンが前に行く馬に有利な3番だったのに対し、こちらは15番。ただ、これに関しても「枠というより、とにかく相手が強かった」。関係者にとって、この③着敗退は想像以上にショックが大きいのかもしれない。

 阪神大賞典では三千メートル3分2秒6で勝利。これはレコードに0秒1差の優秀なものだったが、今回はその上をいく厳しいレース。ゴール前200メートル、つまり3000メートル通過は3分0秒3である。これはトーホウジャッカルが14年の菊花賞で記録した3分1秒0を上回るものなのだ。

 父がディープインパクトのサトノは長距離もこなすが、本質的には二千四百メートルまでがベストなのか。キタサンはおろか、前を行くシュヴァルグランもかわせなかったのだから、完全にガス欠である。

 しかし、厳しいレースは馬を必ず強くする。決して評価が落ちる③着ではないし、まだキタサンとは1勝1敗だ。

 この後については「様子を見て」と池江師。宝塚記念は未定だが、フランスの凱旋門賞で2頭の再戦も十分にあり得る。

“最強馬決定戦”といわれた今回の天皇賞。結果は1馬身半ほどキタサンが先着したが、まだ完全な決着はついていない。次の対戦をファンも楽しみにしているはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る