• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【天皇賞】消耗戦でガス欠サトノダイヤモンド③着

シュヴァルグランも差せず

「相手が2つも3つも、4つも5つも上でした」

 こう語ったのはレース後の池江師。戦前は“2強”と言われ、単勝2・5倍の2番人気に支持されたサトノダイヤモンドは③着まで。師は“完敗”を認めた。

 枠順はキタサンが前に行く馬に有利な3番だったのに対し、こちらは15番。ただ、これに関しても「枠というより、とにかく相手が強かった」。関係者にとって、この③着敗退は想像以上にショックが大きいのかもしれない。

 阪神大賞典では三千メートル3分2秒6で勝利。これはレコードに0秒1差の優秀なものだったが、今回はその上をいく厳しいレース。ゴール前200メートル、つまり3000メートル通過は3分0秒3である。これはトーホウジャッカルが14年の菊花賞で記録した3分1秒0を上回るものなのだ。

 父がディープインパクトのサトノは長距離もこなすが、本質的には二千四百メートルまでがベストなのか。キタサンはおろか、前を行くシュヴァルグランもかわせなかったのだから、完全にガス欠である。

 しかし、厳しいレースは馬を必ず強くする。決して評価が落ちる③着ではないし、まだキタサンとは1勝1敗だ。

 この後については「様子を見て」と池江師。宝塚記念は未定だが、フランスの凱旋門賞で2頭の再戦も十分にあり得る。

“最強馬決定戦”といわれた今回の天皇賞。結果は1馬身半ほどキタサンが先着したが、まだ完全な決着はついていない。次の対戦をファンも楽しみにしているはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る