【スイートピーS】ブラックスビーチ2連勝でオークスへ

公開日:

レース後の談話

①着ブラックスビーチ(北村宏騎手) テンションの高さは気になりましたが、何とかなだめて折り合いをつけて運べました。直線は最後に苦しくなってからもうひと伸びしたし、よく頑張ってくれましたよ。オーナー期待の血統馬。オークスの権利が取れて良かったです。

②着カリビアンゴールド(田中勝騎手) 前走のニュージーランドTでは前が開けてて壁をつくれなかったけど、今回は内、内でじっくり乗れたからね。脚がたまった時の爆発力はなかなかのもんだよ。もう少しだっただけに残念だったな。

③着ムーンザムーン(藤岡佑騎手) 器用さのない馬だし、後ろからじゃ届かない馬場だったんで、途中からポジションを上げていきました。終始、外、外を回る展開で厳しかったけど、それでもラストにもうひと脚使ってくれましたね。将来性を感じる馬です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る