【スイートピーS】ブラックスビーチ2連勝でオークスへ

公開日:

レース後の談話

①着ブラックスビーチ(北村宏騎手) テンションの高さは気になりましたが、何とかなだめて折り合いをつけて運べました。直線は最後に苦しくなってからもうひと伸びしたし、よく頑張ってくれましたよ。オーナー期待の血統馬。オークスの権利が取れて良かったです。

②着カリビアンゴールド(田中勝騎手) 前走のニュージーランドTでは前が開けてて壁をつくれなかったけど、今回は内、内でじっくり乗れたからね。脚がたまった時の爆発力はなかなかのもんだよ。もう少しだっただけに残念だったな。

③着ムーンザムーン(藤岡佑騎手) 器用さのない馬だし、後ろからじゃ届かない馬場だったんで、途中からポジションを上げていきました。終始、外、外を回る展開で厳しかったけど、それでもラストにもうひと脚使ってくれましたね。将来性を感じる馬です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る