• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【スイートピーS】ブラックスビーチ2連勝でオークスへ

レース後の談話

①着ブラックスビーチ(北村宏騎手) テンションの高さは気になりましたが、何とかなだめて折り合いをつけて運べました。直線は最後に苦しくなってからもうひと伸びしたし、よく頑張ってくれましたよ。オーナー期待の血統馬。オークスの権利が取れて良かったです。

②着カリビアンゴールド(田中勝騎手) 前走のニュージーランドTでは前が開けてて壁をつくれなかったけど、今回は内、内でじっくり乗れたからね。脚がたまった時の爆発力はなかなかのもんだよ。もう少しだっただけに残念だったな。

③着ムーンザムーン(藤岡佑騎手) 器用さのない馬だし、後ろからじゃ届かない馬場だったんで、途中からポジションを上げていきました。終始、外、外を回る展開で厳しかったけど、それでもラストにもうひと脚使ってくれましたね。将来性を感じる馬です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る