【香港クイーンエリザベスⅡ世C】ネオリアリズムGⅠ初タイトル

公開日:

騎手力&厩舎力があと押し

 香港のシャティン競馬場で行われたクイーンエリザベスⅡ世Cは日本馬ネオリアリズムが押し切って、初のGⅠタイトルを手にした。

 さすがは“マジックマン”モレイラ。「もう少し行く予定が、ゲートの出が良くなかった」こともあって前半は後方から。ペースは前半の2~4Fが28秒0―26秒7という“ド”スローだから致命的な位置取りになりかねなかった。

 だが、そのままで終わらないのが名手。残り1000メートル付近から動き出して、3角付近では一気に先頭へ。最後は首差だからこの判断が大正解ということだ。

 堀厩舎はこれで海外GⅠ6勝目。角居厩舎を抜いて、単独トップになった。ネオは今年、招待されたドバイ、新設GⅠ大阪杯などの選択肢がありながら、適性を考えて香港をチョイス。そしてGⅠ奪取へとつなげた。騎手力、厩舎力の両方が光った一戦でもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  6. 6

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る