• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【香港クイーンエリザベスⅡ世C】ネオリアリズムGⅠ初タイトル

騎手力&厩舎力があと押し

 香港のシャティン競馬場で行われたクイーンエリザベスⅡ世Cは日本馬ネオリアリズムが押し切って、初のGⅠタイトルを手にした。

 さすがは“マジックマン”モレイラ。「もう少し行く予定が、ゲートの出が良くなかった」こともあって前半は後方から。ペースは前半の2~4Fが28秒0―26秒7という“ド”スローだから致命的な位置取りになりかねなかった。

 だが、そのままで終わらないのが名手。残り1000メートル付近から動き出して、3角付近では一気に先頭へ。最後は首差だからこの判断が大正解ということだ。

 堀厩舎はこれで海外GⅠ6勝目。角居厩舎を抜いて、単独トップになった。ネオは今年、招待されたドバイ、新設GⅠ大阪杯などの選択肢がありながら、適性を考えて香港をチョイス。そしてGⅠ奪取へとつなげた。騎手力、厩舎力の両方が光った一戦でもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る