【NHKマイルC】横山典49歳になっても騎手として成長中

公開日:

ずっとコンビのアエロリットで抜群のスタートに2番手抜け出し

 馬乗りのうまさといえば、この男の右に出る騎手はいない。これは長くしのぎを削っている現役ジョッキーの口から出ているのだから、間違いない。

 現役32年目、49歳を迎えた横山典弘が真骨頂を見せたのが、7日のGⅠNHKマイルCだった。

 1番人気が5・0倍、人気上位15頭までが単勝30倍台という大混戦。その中、2番人気アエロリットに騎乗して、抜群のスタートを決めた。

「返し馬からデキの良さを感じた。迷いなく全能力を出せば勝つだろう」と本人も2番手からの強気の競馬で押し切り。さらに記録面でも優秀だ。 道中のラップが2F目から最後まですべて11秒8以下と緩みのない流れで、勝ち時計の1分32秒3もレース史上3位と、ハイレベルな走りを見せた。

 これで鞍上はGⅠ24勝目で、JRA通算は2655勝目。49歳になっても“健在”であることを証明した格好となった。だが、勝利の陰に隠れた、数多くの敗戦を糧に培ってきた経験や技術、視野の広さ、先を読む力、それらをすぐに引き出せる柔軟性。この年になってもレースごとに騎手として成長している印象すら受ける。

「勝つためにいろいろなことを考え、最善は尽くす。だが、必ずしも思った結果が伴うとは限らないのが競馬」

 これは長年乗り続けたからこそたどり着いた真理か。逃げ馬を追い込んだり、掛かる馬を先行させたりと、変幻自在な手綱さばきは、現役屈指の“魅せるジョッキー”である。

 GⅠ勝ちもある30代の某騎手が「ノリさんが衰える前にオレたち若手が越えていかなければならない。でも、壁が高すぎる」と言うように、これからももっともっとファンを魅了し続けてほしい。

 今回のアエロリットはデビュー以来、ずっと乗り続けてのGⅠ制覇。意外にもこういうケースは自身初だった。それだけに、この勝利の味は格別だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る