• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【NHKマイルC】カラクレナイ⑰着大敗の理由

「いいポジションを取れたのに直線はさっぱり」(M・デムーロ)

 同じ桜花賞組でも明暗が分かれた今年のNHKマイルC。“暗”になってしまったのが1番人気に支持されていたカラクレナイだ。

 引いた枠順はライバルのアエロリットとは対照的に絶好の4番枠。スタートもうまく切って、道中は流れに乗っていた。それが最後は伸びるシーンどころか、先団に取りつくことさえなく、⑰着に終わった。

「全然ダメ。いいポジション取れたのに直線はさっぱり。きょうはおかしかったね」とはレース後のM・デムーロ。これまでは京都、阪神と地元での競馬だったが、今回は初めての“アウェー”。プラス4キロと輸送はこなしたと思えても、繊細な3歳牝馬だけに、目に見えない影響があったのか。

 さらにこれまでの5戦の馬番を見ると、⑱⑨⑨⑯番で前走の桜花賞は⑧番で、全て4枠から外。レースでも4角ではある程度、外に出してからの差し込みだった。

 ところが、きのうは好スタートから4角まで終始、外に馬を置く形。直線もそのまま外に出せずじまいで、全く反応するところがなかった。絶好枠、好スタートが逆にアダになった可能性もあるかも。

 それでもフィリーズレビューや桜花賞で見せた末脚はハイレベルとされる現3歳牝馬の中でもトップクラスのものだ。当然、このまま終わるとは思えない。次走以降に期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

もっと見る