【NHKマイルC】カラクレナイ⑰着大敗の理由

公開日:

「いいポジションを取れたのに直線はさっぱり」(M・デムーロ)

 同じ桜花賞組でも明暗が分かれた今年のNHKマイルC。“暗”になってしまったのが1番人気に支持されていたカラクレナイだ。

 引いた枠順はライバルのアエロリットとは対照的に絶好の4番枠。スタートもうまく切って、道中は流れに乗っていた。それが最後は伸びるシーンどころか、先団に取りつくことさえなく、⑰着に終わった。

「全然ダメ。いいポジション取れたのに直線はさっぱり。きょうはおかしかったね」とはレース後のM・デムーロ。これまでは京都、阪神と地元での競馬だったが、今回は初めての“アウェー”。プラス4キロと輸送はこなしたと思えても、繊細な3歳牝馬だけに、目に見えない影響があったのか。

 さらにこれまでの5戦の馬番を見ると、⑱⑨⑨⑯番で前走の桜花賞は⑧番で、全て4枠から外。レースでも4角ではある程度、外に出してからの差し込みだった。

 ところが、きのうは好スタートから4角まで終始、外に馬を置く形。直線もそのまま外に出せずじまいで、全く反応するところがなかった。絶好枠、好スタートが逆にアダになった可能性もあるかも。

 それでもフィリーズレビューや桜花賞で見せた末脚はハイレベルとされる現3歳牝馬の中でもトップクラスのものだ。当然、このまま終わるとは思えない。次走以降に期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る