• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【NHKマイルC】カラクレナイ⑰着大敗の理由

投稿日:

「いいポジションを取れたのに直線はさっぱり」(M・デムーロ)

 同じ桜花賞組でも明暗が分かれた今年のNHKマイルC。“暗”になってしまったのが1番人気に支持されていたカラクレナイだ。

 引いた枠順はライバルのアエロリットとは対照的に絶好の4番枠。スタートもうまく切って、道中は流れに乗っていた。それが最後は伸びるシーンどころか、先団に取りつくことさえなく、⑰着に終わった。

「全然ダメ。いいポジション取れたのに直線はさっぱり。きょうはおかしかったね」とはレース後のM・デムーロ。これまでは京都、阪神と地元での競馬だったが、今回は初めての“アウェー”。プラス4キロと輸送はこなしたと思えても、繊細な3歳牝馬だけに、目に見えない影響があったのか。

 さらにこれまでの5戦の馬番を見ると、⑱⑨⑨⑯番で前走の桜花賞は⑧番で、全て4枠から外。レースでも4角ではある程度、外に出してからの差し込みだった。

 ところが、きのうは好スタートから4角まで終始、外に馬を置く形。直線もそのまま外に出せずじまいで、全く反応するところがなかった。絶好枠、好スタートが逆にアダになった可能性もあるかも。

 それでもフィリーズレビューや桜花賞で見せた末脚はハイレベルとされる現3歳牝馬の中でもトップクラスのものだ。当然、このまま終わるとは思えない。次走以降に期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る