【NHKマイルC】レース後の談話

公開日:

①着アエロリット(横山典騎手) 返し馬の時から馬の状態の良さを感じ取れたので、駆け引きなしに能力を発揮できれば勝負になるだろう、と思っていたよ。スタートが速かったし、内めの馬場が悪かったのでリズムを大事に外を走らせた。エネルギーを余して負けるのは嫌だったし、早めに行っても大丈夫だろうと。それでも最後まで頑張ってくれた。まだ若い女の子なのにすごいよ。

②着リエノテソーロ(吉田隼騎手) きょうは外伸びの馬場だったんで、結果的にこの枠順でよかったですね。勝ち馬の後ろでリズム良く運べましたし、いい位置にはまって競馬ができました。直線は勝ち馬に並びかけたところで、向こうにもうひと伸びされて、こっちはフラついてしまいました。残念です。

③着ボンセルヴィーソ(松山騎手) 自分のレースはできました。逃げたことでリラックスして走れたし、最後までしっかり粘ってましたよ。ニュージーランドTと違って良馬場だったんで、走り自体も良かったですよ。う~ん、あとは結果だけだったんですけど。

④着レッドアンシェル(福永騎手) 当日のテンションは何とか我慢できてたと思う。ただ、きょうは時計は速いのに前が止まらなかった。差し馬にはつらい馬場だったよ。後ろから伸びてきたのはこの馬だけ。よく走ってるよ。

⑤着オールザゴー(内田騎手) 一瞬、③着はあるか、と思ったくらい。16番人気でこの内容なら褒めていいでしょ。前走から差す競馬ができていたし、きょうは馬混みの中に入っても落ち着いて走れていたよ。いい方向に向かっていると思う。

⑥着タイムトリップ(戸崎騎手) いい感じで運べたし、直線は切れるかと思ったんだけどね。ちょっと距離が長かったかも。

⑦着ミスエルテ(川田騎手) 初めての東京だったからか、テンションが高かったです。どうにもならなかったですね。

⑧着トラスト(柴田大騎手) 最後までバテずに走ってましたね。直線は一度抜かれた馬を差し返していた。よく頑張りました。

⑨着モンドキャンノ(ルメール騎手) 道中はリラックスして走れてたんだけどねえ。前にいた馬が③着に粘っているのに、ボクの馬は反応がなかったよ。ずっとワンペースだった。よく分からないね。

⑬着アウトライアーズ(田辺騎手) 直線はうまくバラけて進路はあったけど、伸びる前に手応えがなくなってしまいました。メンバーも強くなってますからね。

⑰着カラクレナイ(M・デムーロ騎手) 全然ダメね。いいポジションを取れたけど、直線はさっぱり。本当はいい瞬発力がある馬なのに、きょうはおかしかったね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る