• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

堀厩舎 次のスター候補はキャンベルジュニア(京王杯SC)

堀調教師(C)日刊ゲンダイ

層の厚さは日本一

 関東のトップステーブル・堀厩舎は昨年、2冠馬ドゥラメンテが宝塚記念後に故障で引退。一昨年の年度代表馬モーリスも天皇賞・秋→香港CのGⅠ連勝を置き土産にターフを去った。

“堀王国”を牽引した看板馬2頭がいなくなったショックがあると思いきや、そこはさす…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事