【ヴィクトリアマイル】本紙は予想していた!?単勝1・9倍ミッキークイーン不可解な⑦着

公開日:

「何度も手前を替えていた」

 本紙は予言していた。金曜発行の紙面で「1番人気のオッズに注目」と。

 日曜13時ごろから2・0倍で推移していたミッキークイーンの単勝オッズは発走15分ぐらい前には1・9倍に。だが、最後の直線でデンコウアンジュとの進路の取り合いに敗れて⑦着。またまた、200円を切る断然人気馬が馬券圏外に消えてしまった。

 これで15年宝塚記念=ゴールドシップ⑮着に始まり、朝日杯FS=エアスピネル②着、16年桜花賞=メジャーエンブレム④着、安田記念=モーリス②着、宝塚記念=ドゥラメンテ②着、スプリンターズS=ビッグアーサー⑫着、今年も桜花賞=ソウルスターリング③着と、ナント8連敗だ。

 ミッキークイーンはこれまで牝馬限定戦で④着以下に落ちたことは一度もなし。「いつもの反応がなかった」とは浜中。休み明けを快勝した反動が出ていたのだろうか。

 ただ、最近、その浜中がイマイチ、波に乗れていないのも事実だ。

 昨年は2月の東京新聞杯=ダッシングブレイズで落馬し、3カ月休養。夏場は順調に勝ち鞍を重ねたが、マイルCS=ミッキーアイルでは直線で外に斜行にして23日間、今年もフィリーズレビュー=レーヌミノルで内に斜行して8日間の騎乗停止処分を受けている。

 今回はそれらの汚名を返上する絶好の機会だったが、逆に「申し訳ないです」と肩を落とす結果に。腕があるジョッキーだけに、早く完全復活してほしいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る