【ヴィクトリアマイル】2番人気ルージュバック見せ場なし

公開日:

典型的な人気先行型か

 数字の上では上がり3F33秒3の脚を使ったものの、ほぼ見せ場がないまま⑩着に敗退。2番人気ルージュバックのことである。

 千八では重賞3勝を含む〈4100〉と完璧なのに対し、千六になると⑨⑤⑩着と見事なまでに不発で終わっている。

 もちろん、1Fの違いは決して小さい要素ではないし、その距離的な部分が敗因のひとつではあるが、根本的なところにも問題がありそうだ。

 きさらぎ賞、エプソムC、毎日王冠と重賞を勝った時をヒモとくと、外枠スタートや、道中でもまれず、外、外をスムーズに追走して、直線は末脚一閃。牡馬をもなで斬りする破壊力を見せてきた。

 ところが、今回は勝負どころでフロンテアクイーンにフタをされ、フットワークも小さく、気を使ったままの走り。

 戸崎も常々「優しい子」とルージュの性格を表現してきたが、その弱みがまさに露呈してしまった格好だ。2走前の金鯱賞(⑧着)では前にスペースがありながら躊躇する場面が続けてあったし、振り返れば桜花賞(⑨着)や昨秋の天皇賞(⑦着)でも外側からかぶされるとモロい面を見せていた。

 これでGⅠは⑨②④⑩⑤⑦⑨⑩着と、いまだに好走したのはオークスの1回だけ。しかも、そのうち、1~3番人気が5回もある。現状ではやや人気先行タイプの感は否めない。

 ただし、能力、破壊力は誰しもが“GⅠ級”と認めているのは間違いない。晴れて“GⅠ馬”となる日は訪れるのか。今後のさらなる成長に期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る