【ヴィクトリアマイル】2番人気ルージュバック見せ場なし

公開日:

典型的な人気先行型か

 数字の上では上がり3F33秒3の脚を使ったものの、ほぼ見せ場がないまま⑩着に敗退。2番人気ルージュバックのことである。

 千八では重賞3勝を含む〈4100〉と完璧なのに対し、千六になると⑨⑤⑩着と見事なまでに不発で終わっている。

 もちろん、1Fの違いは決して小さい要素ではないし、その距離的な部分が敗因のひとつではあるが、根本的なところにも問題がありそうだ。

 きさらぎ賞、エプソムC、毎日王冠と重賞を勝った時をヒモとくと、外枠スタートや、道中でもまれず、外、外をスムーズに追走して、直線は末脚一閃。牡馬をもなで斬りする破壊力を見せてきた。

 ところが、今回は勝負どころでフロンテアクイーンにフタをされ、フットワークも小さく、気を使ったままの走り。

 戸崎も常々「優しい子」とルージュの性格を表現してきたが、その弱みがまさに露呈してしまった格好だ。2走前の金鯱賞(⑧着)では前にスペースがありながら躊躇する場面が続けてあったし、振り返れば桜花賞(⑨着)や昨秋の天皇賞(⑦着)でも外側からかぶされるとモロい面を見せていた。

 これでGⅠは⑨②④⑩⑤⑦⑨⑩着と、いまだに好走したのはオークスの1回だけ。しかも、そのうち、1~3番人気が5回もある。現状ではやや人気先行タイプの感は否めない。

 ただし、能力、破壊力は誰しもが“GⅠ級”と認めているのは間違いない。晴れて“GⅠ馬”となる日は訪れるのか。今後のさらなる成長に期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る