• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ヴィクトリアマイル】レース後の談話

①着アドマイヤリード(ルメール騎手) 自信ありました。今年に入って連勝して前走はGⅡで②着。すごく良くなっているなと感じていましたからね。こういう渋った馬場も得意ですし。スタートが決まってクイーンズリングの後ろのいいポジションが取れた。ペースは遅かったけど我慢できていましたので、武器である一瞬の瞬発力を引き出すことができました。

②着デンコウアンジュ(蛯名騎手) すべてがうまくいったね。勝負どころからはスムーズに外めに出せたし、馬群が固まってたんで前と差のないまま直線に向けたのが良かったよ。それに去年と違ってほどよく時計がかかったのもこの馬には良かったと思う。一度は首くらい出たんだけどな。ま、よく頑張ったよ。

③着ジュールポレール(幸騎手) 一瞬やったかと思いましたよ。GⅠでここまでやれたんだし、だいぶ力をつけてますね。前々から走ってくる馬だと思ってましたが、それが確信に変わりましたよ。

④着スマートレイアー(武豊騎手) この馬の特性を生かすレースができましたね。いったんは勝ったと思ったけど、勝ち馬とは一瞬の脚の差が出たね。残念。

⑤着ソルヴェイグ(川田騎手) 千二を使ってきてる馬ですしね。自然とハナに立つ形になりました。直線は最後まで精いっぱい走ってました。よく頑張ってましたよ、

⑥着クイーンズリング(M・デムーロ騎手) ついてないね。前走に続いてまた道悪だったよ。スムーズに乗ってこれたけど、この馬はパンパンの良馬場がいい。直線の伸びはジリジリだったよ。

⑦着ミッキークイーン(浜中騎手) スタートを上手に決めてくれたんで、そのまま出たなりの位置で運びました。もともと反応がいい馬ではないとはいえ、きょうは手前を3回は替えていたし、外からデンコウアンジュが来た時も抵抗できなかった。道中の手応えからして伸びてくれると思ってたんですが……。なぜだか分かりません。

⑧着フロンテアクイーン(北村宏騎手) 午後あたりから馬場が乾きだしてきたんで、内を狙いたかったんですけどね。外に張り出されてしまって、潜り込むタイミングがなかったです。かなりロスのある競馬で差のないところまできているし、このメンバー相手でもやれる感触は掴めました。

⑩着ルージュバック(戸崎騎手) 位置取りとしては後ろからになりましたね。直線は外に出せずに中をつく形。追走は楽だったんですが、伸びはもう一息でした。

⑪着レッツゴードンキ(岩田騎手) 楽に行けるなら逃げてもいい気持ちでいましたからね。考えていた競馬ではありました。ただ3、4角では力むところがありました。そこでパワーを使ってしまったかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る