【オークス】馬場、展開、枠に笑った②着モズ、泣いた③着アドマイヤ

公開日:

 勝ったソウルスターリングは確かに強かった。ただし、続く②、③着の座はちょっとしたアヤが絡んでいる。

 道中のペースが別記の通り5F61秒7で、そこからも12秒3―12秒3―12秒1とラップが上がらず、完全な“4F勝負”の競馬となっていた。こうなると、枠、道中の走った位置で着順は大きく変わる。

“運”も味方したのがフローラSの勝ち馬で②着したモズカッチャン。2戦続けての最内枠スタートで当然、道中は内ラチ沿いをピタリと回るロスのない競馬。直線で外に持ち出すところまで、トライアルを判で押したような競馬だった。

 もちろん、この②着は3連勝の勢い、成長があればこそだが、立ち回りのうまさを生かせたラッキーさもあった。

 対照的に、損な役回りが③着のアドマイヤミヤビ。ピンク帽で終始、馬群の外、外を回る形に。おまけに一番動きたいところでレースがペースアップ。結果、大外へ。メンバー最速となる33秒9で③着だから、それ以上は物理的に無理だった。

 ともにラスト1冠の秋華賞を見据えれば内容はあったが、2頭の着順が変わるシーンは十分にありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る