• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【オークス】馬場、展開、枠に笑った②着モズ、泣いた③着アドマイヤ

 勝ったソウルスターリングは確かに強かった。ただし、続く②、③着の座はちょっとしたアヤが絡んでいる。

 道中のペースが別記の通り5F61秒7で、そこからも12秒3―12秒3―12秒1とラップが上がらず、完全な“4F勝負”の競馬となっていた。こうなると、枠、道中の走った位置で着順は大きく変わる。

“運”も味方したのがフローラSの勝ち馬で②着したモズカッチャン。2戦続けての最内枠スタートで当然、道中は内ラチ沿いをピタリと回るロスのない競馬。直線で外に持ち出すところまで、トライアルを判で押したような競馬だった。

 もちろん、この②着は3連勝の勢い、成長があればこそだが、立ち回りのうまさを生かせたラッキーさもあった。

 対照的に、損な役回りが③着のアドマイヤミヤビ。ピンク帽で終始、馬群の外、外を回る形に。おまけに一番動きたいところでレースがペースアップ。結果、大外へ。メンバー最速となる33秒9で③着だから、それ以上は物理的に無理だった。

 ともにラスト1冠の秋華賞を見据えれば内容はあったが、2頭の着順が変わるシーンは十分にありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る