【オークス】レース後の談話

公開日:

①着ソウルスターリング(ルメール騎手) ホント強かったね。お母さんに乗ってフランスオークスを取って子供で日本のオークスを勝てるなんて素晴らしいこと。すごくうれしいね。スタートが速いから楽にいいポジションに行けて、リラックスして走ってくれた。4コーナーでスペースがあったので、そこに入って上がっていけたし、直線でも長くいい脚を使ってゴールまで頑張ってくれた。まだGⅠを取れる馬。これからも楽しみ。

②着モズカッチャン(和田騎手) 東京への輸送続きでテンションは高かったけど、ゲート内は我慢してくれた。スタートを決めて絶好のポジションで運べたよ。勝負どころでルメールが早めに踏んでいったんで、最後に止まってくれないかと思ったけどダメだった。勝ち馬は強かったよ。

③着アドマイヤミヤビ(M・デムーロ騎手) 外枠からでロスもあったけど、レース運び自体はスムーズだった。4角は外からジリジリ伸びてくれたね。桜花賞より頑張っていたよ。

④着ディアドラ(岩田騎手) 中1週でも馬はフレッシュで元気だった。レースもうまく立ち回れたと思う。道中はリラックスして運べたし、直線もいい脚を使ってくれた。③着はあるかと思ったけどなあ。

⑤着リスグラシュー(武豊騎手) 道中は掛かっていたし、直線は狭くなってぶつけられるところも。厳しいレースになってしまったね。残念。

⑥着フローレスマジック(戸崎騎手) 思い切ったレースをすることも頭にあったし、逃げる形になりました。リズム良く上手に走ってましたけどね。これから力をつけてくれば。

⑬着レーヌミノル(池添騎手) 気持ちの入っている中でも落ち着きがあったし、ゲートまでは冷静でした。前半は特にポジションは考えず折り合い重視でソロッと。4角まではいい格好でこれたんですけど、そこから反応がなかった。距離をもたす腕がなかったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る