【ダービー】今年のクラシックで初の前年比マイナス

公開日: 更新日:

戦国ダービーは難解で財布のヒモが固かった!?

 有馬記念に次いで馬券が売れるのが日本ダービーだ。

 1冠目の皐月賞は紅一点ファンディーナの参戦もあって盛り上がり、売り上げは約189億円。近年最強世代で戦前から話題を集めた昨年を上回る数字を残した。

 その皐月賞がレースレコード。その後のダービートライアルでも、プリンシパルS、青葉賞とどちらもともにレースレコードで、レベルに疑問符もついていた現3歳牡馬勢がダービー前に一気に勢いづいてきただけに、売り上げ増も期待されていた。

 それがフタをあけてみれば249億7920万円止まりで、昨年の265億円からマイナス6%という結果に。

 ここまで3歳クラシックは、桜花賞に始まり、皐月賞、オークスと前年比プラスを続けていたのに、初めてのマイナス。全てのGⅠでいえば、高松宮記念、ヴィクトリアマイルに次いで3鞍目の売り上げ減になった。

 今年は戦前からチャンスのある馬は五指に余る混戦模様となっていた。さらに核となるスター候補生が不在だったという側面もある。

 そうなれば、ファン心理としても買う馬券は当然、悩みに悩んだことだろう。大きく張って勝負には出づらかったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る