【目黒記念】祭りの後もまたルメール古豪フェイムゲーム一変V

公開日:

 この男が乗るだけで、こうも変わるのか――。

 ダービーの興奮冷めやらぬ最終レースの目黒記念でもルメールが騎乗した8番人気フェイムゲームが勝利を飾った。

 スタートダッシュがつかず最近は長丁場の三千メートル以上でしか好走できなかった馬が、今回は二千五百メートルでも楽に10番手で流れに乗っていた。直線もいったん沈みかけながら、坂を上がってグイグイ伸びて差し切り勝ち。今まで見せていた気難しさや反抗する面は一切なく、最後までまっすぐ真面目に走り切る。しかも、トップハンデタイの58キロを背負ってのもの。

 まさに別馬のような変わりよう。ただただルメールの手綱さばきだけが光ったレースだった。

レース後の談話

①着フェイムゲーム(ルメール騎手) たまに頭を上げたり、走りたがらないときがあるんだけど、きょうは大丈夫だった。速いペースになって前が止まる展開になったのがよかった。スタミナがいっぱいあるからね。

②着ヴォルシェーブ(戸崎騎手) 道中はいい感じだったけど、最後に窮屈になったのがね。前があいてからはしっかり伸びていたのに、勝った馬にはもっといい脚を使われてしまいました。

③着ハッピーモーメント(川田騎手) 7歳馬ですが、よく頑張ってくれました。目いっぱいやってくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る