【目黒記念】祭りの後もまたルメール古豪フェイムゲーム一変V

公開日:

 この男が乗るだけで、こうも変わるのか――。

 ダービーの興奮冷めやらぬ最終レースの目黒記念でもルメールが騎乗した8番人気フェイムゲームが勝利を飾った。

 スタートダッシュがつかず最近は長丁場の三千メートル以上でしか好走できなかった馬が、今回は二千五百メートルでも楽に10番手で流れに乗っていた。直線もいったん沈みかけながら、坂を上がってグイグイ伸びて差し切り勝ち。今まで見せていた気難しさや反抗する面は一切なく、最後までまっすぐ真面目に走り切る。しかも、トップハンデタイの58キロを背負ってのもの。

 まさに別馬のような変わりよう。ただただルメールの手綱さばきだけが光ったレースだった。

レース後の談話

①着フェイムゲーム(ルメール騎手) たまに頭を上げたり、走りたがらないときがあるんだけど、きょうは大丈夫だった。速いペースになって前が止まる展開になったのがよかった。スタミナがいっぱいあるからね。

②着ヴォルシェーブ(戸崎騎手) 道中はいい感じだったけど、最後に窮屈になったのがね。前があいてからはしっかり伸びていたのに、勝った馬にはもっといい脚を使われてしまいました。

③着ハッピーモーメント(川田騎手) 7歳馬ですが、よく頑張ってくれました。目いっぱいやってくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る