• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【目黒記念】祭りの後もまたルメール古豪フェイムゲーム一変V

 この男が乗るだけで、こうも変わるのか――。

 ダービーの興奮冷めやらぬ最終レースの目黒記念でもルメールが騎乗した8番人気フェイムゲームが勝利を飾った。

 スタートダッシュがつかず最近は長丁場の三千メートル以上でしか好走できなかった馬が、今回は二千五百メートルでも楽に10番手で流れに乗っていた。直線もいったん沈みかけながら、坂を上がってグイグイ伸びて差し切り勝ち。今まで見せていた気難しさや反抗する面は一切なく、最後までまっすぐ真面目に走り切る。しかも、トップハンデタイの58キロを背負ってのもの。

 まさに別馬のような変わりよう。ただただルメールの手綱さばきだけが光ったレースだった。

レース後の談話

①着フェイムゲーム(ルメール騎手) たまに頭を上げたり、走りたがらないときがあるんだけど、きょうは大丈夫だった。速いペースになって前が止まる展開になったのがよかった。スタミナがいっぱいあるからね。

②着ヴォルシェーブ(戸崎騎手) 道中はいい感じだったけど、最後に窮屈になったのがね。前があいてからはしっかり伸びていたのに、勝った馬にはもっといい脚を使われてしまいました。

③着ハッピーモーメント(川田騎手) 7歳馬ですが、よく頑張ってくれました。目いっぱいやってくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る