【ダービー】ルメール神騎乗レイデオロ頂点に

公開日: 更新日:

歴史的な超スローに明暗分けた鞍上の判断

「馬は勝つと自信を持ちます。堂々とするのはジョッキーも同じネ」

 これは先週水曜のルメールの言葉。まさにそれを体現したのが、きのうのダービーだろう。

 2番人気レイデオロに騎乗して、01年ペリエ以来、史上2人目の3週連続GⅠ制覇を大一番で成し遂げたからだ。しかもその神懸かり的な手綱さばき。今回も際立つ好騎乗を見せてくれた。

 レースの前半5Fが63秒2という近30年のダービーで最も遅い流れ。ルメール=レイデオロはスタート直後は折り合いに専念。2角を14番手で通過するとそこからが早くも見せ場だった。

 5F通過手前から大外をグ~ンと動いて一気に2番手までポジションを上げる勝負に出る。折り合いに苦心するライバルを尻目に絶好の位置にまで挽回。結局、そのまま直線で難なく抜け出し、上がり3F33秒8でまとめて②着スワーヴリチャードの追撃をしのいだのだから、結果的にも鞍上の好判断というのは間違いない。

 だが、この道中で動くということは、一見、簡単なようでも簡単にはいかないジョッキー心理がある。動くことにより引っ掛かる可能性、スタミナのロス、他馬の目標にされる、負ければ責任を問われる……。馬との信頼関係があったとはいえ、GⅠの舞台、それも最高峰のダービーでやってのけるのだから、ルメールのその度胸たるや称賛に値するだろう。

 振り返れば、昨暮れ有馬記念のサトノダイヤモンドも道中で動いて勝利につなげていた。ダービーの前2週では直線一気、先行抜け出しと、とにかく自在な手綱さばきがルメールの真骨頂。馬に対する当たりが柔らかく、気難しい馬でも折り合える。さらに、自身もタフな精神力を持ち、レースでは相手関係、展開、そして馬場の状態や傾向など全てを把握して乗るのだから凄い。

 冒頭の「自信を持って乗っている」という言葉がうなずける騎乗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る