• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ダービー】悔い残る③着アドミラブル、⑤着アルアイン

動けなかった、動かなかった……

 レースレコードVの青葉賞馬と皐月賞馬は結果を出せなかった――。1番人気に推されていたアドミラブルと2冠を狙ったアルアインだ。

 まず、アドミラブルはレース前にチャカつく場面も見られ、スタート直後もハミを噛むシーンがあった。それもあってかM・デムーロも道中は我慢の競馬で後方のポジションでレースを進めた。

 超スローを見越して、早々と3角手前でライバルのレイデオロが進出を開始した時点で、とは言わないが、ワンテンポずらして追い上げる手もあった。しかし、ペルシアンナイトも先に動いていたこともあり、「外、外を回ることになってしまうから。考えてしまった」とデムーロ。最後まで我慢の競馬に徹したということだ。

 それでも直線はさすがの伸び。ラスト3Fは33秒3の鬼脚を発揮しての③着。ゴール前の勢いは一番だっただけに、惜しまれる競馬になってしまった。

 それは松山アルアインも同様だったか。スタートを決めて1、2角は3番手で通過。ペースを考えれば、前半はベストポジションを取れていたといっていい。

 それがルメールが一気に押し上げて、2馬身ほど前に出られた。ゴールではしぶとく脚を伸ばしたが、勝ったレイデオロと0秒3差とほぼその約2馬身差のまま。ラスト3Fでいえば勝ち馬の33秒8を0秒1上回っていたから、こちらも多少なりとも動いていれば結果はどうなっていたか、分からない。

「申し訳ありませんでした」と肩を落としたのが松山。デムーロ同様に悔いの残る競馬になったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る