【ダービー】悔い残る③着アドミラブル、⑤着アルアイン

公開日: 更新日:

動けなかった、動かなかった……

 レースレコードVの青葉賞馬と皐月賞馬は結果を出せなかった――。1番人気に推されていたアドミラブルと2冠を狙ったアルアインだ。

 まず、アドミラブルはレース前にチャカつく場面も見られ、スタート直後もハミを噛むシーンがあった。それもあってかM・デムーロも道中は我慢の競馬で後方のポジションでレースを進めた。

 超スローを見越して、早々と3角手前でライバルのレイデオロが進出を開始した時点で、とは言わないが、ワンテンポずらして追い上げる手もあった。しかし、ペルシアンナイトも先に動いていたこともあり、「外、外を回ることになってしまうから。考えてしまった」とデムーロ。最後まで我慢の競馬に徹したということだ。

 それでも直線はさすがの伸び。ラスト3Fは33秒3の鬼脚を発揮しての③着。ゴール前の勢いは一番だっただけに、惜しまれる競馬になってしまった。

 それは松山アルアインも同様だったか。スタートを決めて1、2角は3番手で通過。ペースを考えれば、前半はベストポジションを取れていたといっていい。

 それがルメールが一気に押し上げて、2馬身ほど前に出られた。ゴールではしぶとく脚を伸ばしたが、勝ったレイデオロと0秒3差とほぼその約2馬身差のまま。ラスト3Fでいえば勝ち馬の33秒8を0秒1上回っていたから、こちらも多少なりとも動いていれば結果はどうなっていたか、分からない。

「申し訳ありませんでした」と肩を落としたのが松山。デムーロ同様に悔いの残る競馬になったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  5. 5

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  6. 6

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  7. 7

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  8. 8

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る