【鳴尾記念】面白データ 2ケタ着順組が必ず馬券絡み

公開日:

 今週からスタートする阪神では土曜に鳴尾記念が組まれている。

 12年に暮れからこの時期に移行。それからの5年間を調べると、“巻き返し”がやけに多いことに気づく。

 前走着順別の成績は次の通り。

   ① ② ③ 外・③着内
①~⑤0 2 0 16・111
⑥~⑨2 0 3 11・313
⑩~ 3 3 2 21・276

 意外なことに、掲示板に載っていた組から勝ち馬はゼロ。対して、2ケタ大たたき組が8頭、リカバリーに成功しているのだ。

 14、16年はこの組でワン・ツー。12年には①③着を確保。5年間で必ず1頭はこの組が馬券に絡んでいる。

 前走が強敵相手で、鳴尾記念で人気になっていた馬ばかりではない。

 12年は新潟大賞典で⑪着だったトーセンラーが5番人気で③着に粘り込み。13年は小倉大賞典⑯着のエクスペディションが7番人気で追い込んで②着。14年も新潟大賞典⑬着のアドマイヤタイシが9番人気で3番手から鼻差②着など伏兵の好走例も。

 前走が2ケタ着順同士で決まった14年は、勝ったエアソミュールは中山記念⑩着からの転戦で1番人気。②着が前記のアドマイヤで、馬単5130円の好配当となった。

 今年は、2ケタ着順だった馬が5頭、エントリーしてきた。

 大阪杯⑪着のスズカデヴィアス、天皇賞・春⑭着のスピリッツミノル、阪神牝馬S⑫着のデニムアンドルビー、新潟大賞典⑬着のレッドソロモン、メイS⑩着のロンギングダンサー。この中から、またまたガラリ一変があるかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る