【鳴尾記念】面白データ 2ケタ着順組が必ず馬券絡み

公開日: 更新日:

 今週からスタートする阪神では土曜に鳴尾記念が組まれている。

 12年に暮れからこの時期に移行。それからの5年間を調べると、“巻き返し”がやけに多いことに気づく。

 前走着順別の成績は次の通り。

   ① ② ③ 外・③着内
①~⑤0 2 0 16・111
⑥~⑨2 0 3 11・313
⑩~ 3 3 2 21・276

 意外なことに、掲示板に載っていた組から勝ち馬はゼロ。対して、2ケタ大たたき組が8頭、リカバリーに成功しているのだ。

 14、16年はこの組でワン・ツー。12年には①③着を確保。5年間で必ず1頭はこの組が馬券に絡んでいる。

 前走が強敵相手で、鳴尾記念で人気になっていた馬ばかりではない。

 12年は新潟大賞典で⑪着だったトーセンラーが5番人気で③着に粘り込み。13年は小倉大賞典⑯着のエクスペディションが7番人気で追い込んで②着。14年も新潟大賞典⑬着のアドマイヤタイシが9番人気で3番手から鼻差②着など伏兵の好走例も。

 前走が2ケタ着順同士で決まった14年は、勝ったエアソミュールは中山記念⑩着からの転戦で1番人気。②着が前記のアドマイヤで、馬単5130円の好配当となった。

 今年は、2ケタ着順だった馬が5頭、エントリーしてきた。

 大阪杯⑪着のスズカデヴィアス、天皇賞・春⑭着のスピリッツミノル、阪神牝馬S⑫着のデニムアンドルビー、新潟大賞典⑬着のレッドソロモン、メイS⑩着のロンギングダンサー。この中から、またまたガラリ一変があるかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  3. 3

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  6. 6

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

  10. 10

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る