【安田記念】価値ある②着ロゴタイプ

公開日:

底力見せた

 ディフェンディングチャンピオンとしての力は十二分に示した。②着に粘ったロゴタイプのことである。

 16番枠からハナを主張し、前半5F57秒1のハイペースを演出。勝ったサトノアラジンが4角15番手なら、③着レッドファルクスから⑦着ステファノスまでは全て10番手以降の馬がズラリ。そんな中でも②着死守だからである。

 しかも、残り400メートルから後続を引き離し、場内を沸かせる場面も。あのモーリスを②着に負かした昨年より、5Fで2秒も速いラップを刻んだのだから、非常に価値の高い内容だ。

 すでに7歳で、今回の安田記念が通算30戦目。クラシックを勝った馬にしては数を使い、しかも衰えは皆無。この息の長さは父譲りなのかも。

 ローエングリンは8歳まで走り、ラストシーズンもGⅡ中山記念を逃げ切った。通算48戦10勝、GⅠ勝ちこそないが、GⅡを4勝している。

 言うまでもなく、ロゴはローエンの出世頭。まだまだマイル界を、そしてレースそのものを速い流れで引っ張っていくのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る