【安田記念】価値ある②着ロゴタイプ

公開日: 更新日:

底力見せた

 ディフェンディングチャンピオンとしての力は十二分に示した。②着に粘ったロゴタイプのことである。

 16番枠からハナを主張し、前半5F57秒1のハイペースを演出。勝ったサトノアラジンが4角15番手なら、③着レッドファルクスから⑦着ステファノスまでは全て10番手以降の馬がズラリ。そんな中でも②着死守だからである。

 しかも、残り400メートルから後続を引き離し、場内を沸かせる場面も。あのモーリスを②着に負かした昨年より、5Fで2秒も速いラップを刻んだのだから、非常に価値の高い内容だ。

 すでに7歳で、今回の安田記念が通算30戦目。クラシックを勝った馬にしては数を使い、しかも衰えは皆無。この息の長さは父譲りなのかも。

 ローエングリンは8歳まで走り、ラストシーズンもGⅡ中山記念を逃げ切った。通算48戦10勝、GⅠ勝ちこそないが、GⅡを4勝している。

 言うまでもなく、ロゴはローエンの出世頭。まだまだマイル界を、そしてレースそのものを速い流れで引っ張っていくのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る