【安田記念】価値ある②着ロゴタイプ

公開日:

底力見せた

 ディフェンディングチャンピオンとしての力は十二分に示した。②着に粘ったロゴタイプのことである。

 16番枠からハナを主張し、前半5F57秒1のハイペースを演出。勝ったサトノアラジンが4角15番手なら、③着レッドファルクスから⑦着ステファノスまでは全て10番手以降の馬がズラリ。そんな中でも②着死守だからである。

 しかも、残り400メートルから後続を引き離し、場内を沸かせる場面も。あのモーリスを②着に負かした昨年より、5Fで2秒も速いラップを刻んだのだから、非常に価値の高い内容だ。

 すでに7歳で、今回の安田記念が通算30戦目。クラシックを勝った馬にしては数を使い、しかも衰えは皆無。この息の長さは父譲りなのかも。

 ローエングリンは8歳まで走り、ラストシーズンもGⅡ中山記念を逃げ切った。通算48戦10勝、GⅠ勝ちこそないが、GⅡを4勝している。

 言うまでもなく、ロゴはローエンの出世頭。まだまだマイル界を、そしてレースそのものを速い流れで引っ張っていくのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る