【安田記念】イスラボニータ進路ができず⑧着惨敗

公開日:

さすがのルメールもお手上げ

 1番人気に支持されたイスラボニータがまさかの⑧着に沈む波乱。皐月賞以来となる3年2カ月ぶりのGⅠ制覇とはならなかった。

 今年初戦のマイラーズCで2年7カ月ぶりの勝利を挙げ、再び上昇気流に乗っていた。

 レースでも好スタートから好位外めをスムーズに追走。道中は掛かることなく、手応え良く4コーナーを回る。

 しかし、ここからが誤算だった。

 直線に入ると前が壁になって動くに動けず。外から勢いよく上がっていく他馬を横目で見るしか術はなかった。それらがいなくなった後、ようやくGOサインを出せたのは残り150メートル付近。完全に踏み遅れて“ジ・エンド”だ。

 鞍上のルメールはヴィクトリアマイル=アドマイヤリードから始まり、オークス=ソウルスターリング↓ダービー=レイデオロと、01年のペリエ以来となる3週連続GⅠ制覇を達成して、ムードは最高潮だったはず。そんな名手でさえ、何も抵抗できなかったのだから競馬は難しい。

 無念なのは陣営も同じだろう。「今年は勝ちにこだわる」(栗田博師)というテーマを掲げて、全力投球で馬づくりを行ってきた。

 2月10日に山元トレセンから帰キュウして約4カ月かけ、青写真通りに調整が進められた。そぎ落とすところはない究極の仕上げで臨んだにもかかわらず、不完全燃焼のままレースは終了。2つ目の勲章は遠かった。

 それでも、まだ秋がある。マイルCSで忘れ物を取りにいく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る