【安田記念】イスラボニータ進路ができず⑧着惨敗

公開日:

さすがのルメールもお手上げ

 1番人気に支持されたイスラボニータがまさかの⑧着に沈む波乱。皐月賞以来となる3年2カ月ぶりのGⅠ制覇とはならなかった。

 今年初戦のマイラーズCで2年7カ月ぶりの勝利を挙げ、再び上昇気流に乗っていた。

 レースでも好スタートから好位外めをスムーズに追走。道中は掛かることなく、手応え良く4コーナーを回る。

 しかし、ここからが誤算だった。

 直線に入ると前が壁になって動くに動けず。外から勢いよく上がっていく他馬を横目で見るしか術はなかった。それらがいなくなった後、ようやくGOサインを出せたのは残り150メートル付近。完全に踏み遅れて“ジ・エンド”だ。

 鞍上のルメールはヴィクトリアマイル=アドマイヤリードから始まり、オークス=ソウルスターリング↓ダービー=レイデオロと、01年のペリエ以来となる3週連続GⅠ制覇を達成して、ムードは最高潮だったはず。そんな名手でさえ、何も抵抗できなかったのだから競馬は難しい。

 無念なのは陣営も同じだろう。「今年は勝ちにこだわる」(栗田博師)というテーマを掲げて、全力投球で馬づくりを行ってきた。

 2月10日に山元トレセンから帰キュウして約4カ月かけ、青写真通りに調整が進められた。そぎ落とすところはない究極の仕上げで臨んだにもかかわらず、不完全燃焼のままレースは終了。2つ目の勲章は遠かった。

 それでも、まだ秋がある。マイルCSで忘れ物を取りにいく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る