• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【安田記念】イスラボニータ進路ができず⑧着惨敗

さすがのルメールもお手上げ

 1番人気に支持されたイスラボニータがまさかの⑧着に沈む波乱。皐月賞以来となる3年2カ月ぶりのGⅠ制覇とはならなかった。

 今年初戦のマイラーズCで2年7カ月ぶりの勝利を挙げ、再び上昇気流に乗っていた。

 レースでも好スタートから好位外めをスムーズに追走。道中は掛かることなく、手応え良く4コーナーを回る。

 しかし、ここからが誤算だった。

 直線に入ると前が壁になって動くに動けず。外から勢いよく上がっていく他馬を横目で見るしか術はなかった。それらがいなくなった後、ようやくGOサインを出せたのは残り150メートル付近。完全に踏み遅れて“ジ・エンド”だ。

 鞍上のルメールはヴィクトリアマイル=アドマイヤリードから始まり、オークス=ソウルスターリング↓ダービー=レイデオロと、01年のペリエ以来となる3週連続GⅠ制覇を達成して、ムードは最高潮だったはず。そんな名手でさえ、何も抵抗できなかったのだから競馬は難しい。

 無念なのは陣営も同じだろう。「今年は勝ちにこだわる」(栗田博師)というテーマを掲げて、全力投球で馬づくりを行ってきた。

 2月10日に山元トレセンから帰キュウして約4カ月かけ、青写真通りに調整が進められた。そぎ落とすところはない究極の仕上げで臨んだにもかかわらず、不完全燃焼のままレースは終了。2つ目の勲章は遠かった。

 それでも、まだ秋がある。マイルCSで忘れ物を取りにいく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る