• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【安田記念】レース後の談話

①着サトノアラジン(川田騎手) やっと勝てました。昨年からずっと乗せていただいて、トライアルは勝つことができたんですが、GⅠでは思うようなレースができませんでした。今回は馬場、枠ともいいので、“ここでこそ”との思いでいました。道中は前は気にせずにアラジンのリズムを重視して。4コーナーでも手応え十分。直線での加速もスムーズだったので、届くだろうと信じていましたよ。

②着ロゴタイプ(田辺騎手) 追い切りに乗った時に言ったようにデキが良かったですね。自分の競馬はできただけに、あの形で残れないんじゃ、という残念な気持ちもありますが、勝った昨年と比べると時計も速いですからね。よく頑張ってくれました。

③着レッドファルクス(M・デムーロ騎手) 前半は少しリズムの悪い走りだったけど、その後は折り合って運べたよ。3、4角では馬場の悪いところを通らされたし、直線も前があかずに我慢させられたが、外に持ち出せた残り200メートルからはよく伸びたよ。ただ、勝ったサトノはもっと伸びたんで。

④着グレーターロンドン(福永騎手) スタートは上に出る感じでしたが、いつもあんな感じらしいですね。GⅠなんで、さすがにそのままとはいかず、促して運んでいきました。3角あたりからはその気になって走ってくれたし、直線は馬の間をひるむことなく頑張ってくれました。初のGⅠ、タフなレースをしっかり走り切れたのは収穫です。

⑤着エアスピネル(武豊騎手) いいレースができなかったね。直線は前がなかなかあかなかった。それ以前に4角手前でレッドファルクスに先に前に入られたのが痛かったかな。ラストはいい勢いで伸びてくれたし、まともなら勝っていたかも。きょうはあのワンプレーだね。

⑥着ビューティーオンリー(パートン騎手) ストライドが大きいんだけど、きょうは窮屈な走りだった。初めての左回りが影響したのかもしれない。手前をうまく替えてくれなかったからね。

⑦着ステファノス(戸崎騎手) 思った通りのレースはできましたが、久々のマイルということで戸惑いがありましたね。GⅠで時計も速かったですから。

⑧着イスラボニータ(ルメール騎手) 馬はとっても元気でしたし、道中はいいポジションで運べましたよ。ただ、直線は前にスペースがなかったです。残り150メートルから追い出せたけど、もう遅かった。残念です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る