【英国ダービー】16番人気がVの大波乱

公開日: 更新日:

 今年で238回を迎える伝統の英国ダービーが6月3日(日本時間4日0時半)にエプソム競馬場で行われた。①着賞金は85万650ポンド(約1億2000万円)。

 勝ったのはナント、16番人気の伏兵ウイングスオブイーグルス。直線で前が壁になったが、外に持ち出すと強烈な伸び。上位人気2頭をゴール寸前でまとめて差し切ってみせた。鞍上のベギーは31歳。ダービー初騎乗での大金星。これがうれしいGⅠ初制覇だ。

 ②着にはムーア騎乗の2番人気クリフスオブモハー。デットーリ騎乗で1番人気に支持されたクラックスマンは③着に終わった。

 ウイングスオブイーグルスを管理するのは愛国の名伯楽エイダン・オブライエン師。血統は父プールモア、母イソルディナ、母の父ケンドール。時計は2分33秒02。

 今回、6頭出しで臨んだオブライエン師は01年ガリレオ、02年ハイシャパラル、12年キャメロット、13年ルーラーオブザワールド、14年オーストラリアに続き、ダービー6勝目を挙げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る