【英国ダービー】16番人気がVの大波乱

公開日:

 今年で238回を迎える伝統の英国ダービーが6月3日(日本時間4日0時半)にエプソム競馬場で行われた。①着賞金は85万650ポンド(約1億2000万円)。

 勝ったのはナント、16番人気の伏兵ウイングスオブイーグルス。直線で前が壁になったが、外に持ち出すと強烈な伸び。上位人気2頭をゴール寸前でまとめて差し切ってみせた。鞍上のベギーは31歳。ダービー初騎乗での大金星。これがうれしいGⅠ初制覇だ。

 ②着にはムーア騎乗の2番人気クリフスオブモハー。デットーリ騎乗で1番人気に支持されたクラックスマンは③着に終わった。

 ウイングスオブイーグルスを管理するのは愛国の名伯楽エイダン・オブライエン師。血統は父プールモア、母イソルディナ、母の父ケンドール。時計は2分33秒02。

 今回、6頭出しで臨んだオブライエン師は01年ガリレオ、02年ハイシャパラル、12年キャメロット、13年ルーラーオブザワールド、14年オーストラリアに続き、ダービー6勝目を挙げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る