【データ作戦】東西2重賞は両極端

公開日:

本命党 エプソムC

 日曜は東西で2重賞が行われる。この2レースの配当は実に対照的だ。

 まずは東京のエプソムC。こちらは本命サイドの決着が多い。

 過去10年間で勝ち馬は全て1~5番人気と支持を集めていた。②着も9頭まで占めており、1~5番人気の全成績は〈10 9 4 27〉。6番人気以下は②着1回、③着6回に過ぎない。

 当然、配当面も平穏になりがちで、馬単の万馬券はゼロ。09年の660円、15年の760円、昨年の1170円など5回は2000円以内に収まっている。

 3連単で10万円を超えたのは08年に4↓1↓12番人気で13万2040円と、12年に1↓2↓15番人気で14万7390円の2回だ。

穴党 マーメイドS

 対して、阪神のマーメイドSは大荒れ。

 10年間で1~5番人気は〈5 3 6 36
〉で、伏兵が半分以上も馬券に絡んでいる。

 とりわけ、誰もが驚いたのが08年だ。12番人気トーホウシャインが直線で猛然と追い込み、先頭ゴール。②着には10番人気ピースオブラヴが逃げ粘り、③着は後方から伸びた5番人気ソリッドプラチナム。馬単18万840円、3連単193万350円のドリーム馬券が飛び出した。

 10年間で馬単万馬券は6回。3連単の10万円超えも、11年に2↓7↓13番人気で42万5710円のビッグ配当など、超ド級の08年を含めて7回ある。

 今年も本命党は東、穴党は西で勝負するのが正解かも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る