【マーメイドS】鞍上の勝負乗りが奏功 藤岡佑マキシマムドパリ

公開日: 更新日:

「強気に乗って」4年5か月ぶりの美酒

 一方、阪神で行われた牝馬重賞のGⅢマーメイドSを制したのは藤岡佑マキシマムドパリだ。

 決着時計は二千メートル1分59秒5。8Rの五百万クラスで千四1分20秒7、9Rの一千万特別は二千二百メートルで2分11秒4と時計の出やすい馬場だったから、マーメイドSの時計自体は平凡だ。

 だが、そんな中でキラリと光ったのが藤岡佑の手綱さばきだった。

「馬の力が上だと思っていたので、余計なことは考えずに強気に乗りました」

 レース後にそう話した通り、1、2角の入りは4番手。3角を過ぎてからは自力で進出し、4角を回って直線に入った時点では早々と先頭に躍り出るほど。結果的にそのまま押し切った。

「切れる馬じゃないから、あれで正解」と松元師。この“超積極的”な騎乗が勝利を呼び込んだということだ。

 藤岡佑は07年に重賞5勝、08、12年にも4勝と、かつては順風満帆なジョッキー人生だった。

 ところが、重賞タイトルは13年1月、根岸S=メイショウマシュウから途絶えていたのだ。

 14年1月の頭蓋骨骨折をはじめ、15年8月、16年10月にも骨折と、幾度となくケガに見舞われる不運もあり、重賞では83連敗中だった。

 それがマキシマムドパリに1年ぶりの騎乗で、これまでのうっ憤を晴らすかのような約4年5カ月ぶりの重賞制覇だから、喜びもひとしおだろう。

 10年にはサマージョッキーズシリーズにも優勝している。相性のいい夏競馬へ向けて、この勝利はいい弾みになったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る