• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【マーメイドS】鞍上の勝負乗りが奏功 藤岡佑マキシマムドパリ

「強気に乗って」4年5か月ぶりの美酒

 一方、阪神で行われた牝馬重賞のGⅢマーメイドSを制したのは藤岡佑マキシマムドパリだ。

 決着時計は二千メートル1分59秒5。8Rの五百万クラスで千四1分20秒7、9Rの一千万特別は二千二百メートルで2分11秒4と時計の出やすい馬場だったから、マーメイドSの時計自体は平凡だ。

 だが、そんな中でキラリと光ったのが藤岡佑の手綱さばきだった。

「馬の力が上だと思っていたので、余計なことは考えずに強気に乗りました」

 レース後にそう話した通り、1、2角の入りは4番手。3角を過ぎてからは自力で進出し、4角を回って直線に入った時点では早々と先頭に躍り出るほど。結果的にそのまま押し切った。

「切れる馬じゃないから、あれで正解」と松元師。この“超積極的”な騎乗が勝利を呼び込んだということだ。

 藤岡佑は07年に重賞5勝、08、12年にも4勝と、かつては順風満帆なジョッキー人生だった。

 ところが、重賞タイトルは13年1月、根岸S=メイショウマシュウから途絶えていたのだ。

 14年1月の頭蓋骨骨折をはじめ、15年8月、16年10月にも骨折と、幾度となくケガに見舞われる不運もあり、重賞では83連敗中だった。

 それがマキシマムドパリに1年ぶりの騎乗で、これまでのうっ憤を晴らすかのような約4年5カ月ぶりの重賞制覇だから、喜びもひとしおだろう。

 10年にはサマージョッキーズシリーズにも優勝している。相性のいい夏競馬へ向けて、この勝利はいい弾みになったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る