• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【エプソムC】レース後の談話

①着ダッシングブレイズ(浜中騎手) 本当にうれしいですね。スタートが良かったので、自然とあの位置を取りました。馬のリズムが最優先で、道中はそう思いながら。ゴールまで必死だったけど、坂を上ってから一番苦しくなるところで、もう一度頑張った。千八もこなしてくれましたね。もっと大きいところもあるし、そこに向かっていければ。

②着アストラエンブレム(M・デムーロ騎手) 前走ほどではないにしても、ラストは自分からブレーキをかけていましたね。レースは上手に運べたんですが。

③着マイネルハニー(柴田大騎手) 直線半ばでは“やったか”と思ったけどなあ。①②着馬2頭の地力が上でした。でも、この放牧でリフレッシュできたようで、状態は良かったですよ。この感じならどこかで重賞を勝てますよ。

④着クラリティシチー(川田騎手) スムーズに運べました。直線は②着馬の後ろからしぶとく食らいついてましたよ。精いっぱい頑張りました。

⑤着バーディーイーグル(吉田豊騎手) 勝負どころからは他馬が外、外を回って行ったので、内でジッとしてロスなく運びました。最後までよく伸びてます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る