【マーメイドS】レース後の談話

公開日:

①着マキシマムドパリ(藤岡佑騎手) 馬の力が上だと思って、信じて強気に乗りました。馬場も悪化しなかったこともあり、余計なことを考えずに。思った通りで乗りやすかったです。(久々の騎乗で)1年経って良くなっていましたし、これから斤量を背負っても頑張ってくれそうです。

②着クインズミラーグロ(幸騎手) ゲートはうまく出なかったけど、それなりの位置で流れには乗れたと思いますよ。直線もよく頑張ってくれましたが、勝ち馬にうまくペースをつくって乗られてしまった。最後はその分の差でしょうね。

③着アースライズ(中谷騎手) 内枠だったので折り合いだけに気をつけて小細工なしの競馬を。直線でもうまくスペースを見つけることができたし、最後はよく伸びてる。自己条件に戻ればすぐに勝てると思うよ。

④着キンショーユキヒメ(秋山騎手) 雨が降るって言ってたじゃないですか(苦笑い)。ジリジリ伸びる馬だけに、上がりが掛かってくれるならと。しまいも来ていますが晴れた分ですね。一発狙っていたんですが。

⑤着ビッシュ(福永騎手) イメージ通り。やろうと思った競馬はできたんだけどね。もうひと伸びできてくれたら。

⑨着トーセンビクトリー(武豊騎手) う~ん、掴み切れない馬だね。外から行かれたけど、結局、逃げた馬もかわせていない。よく分からないな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る